無印良品の福袋2020 #福袋2020 #無印良品 【(3)紳士・M】


前回まではこちらから
(1)ステーショナリー
(2)羽織る毛布

さて、ここまで総額6000円分で、15000円ほどの無印良品アイテムを手に入れたわけだが、最後に紹介する福袋は「紳士・M」3000円。

個人的には、これだけ当たってくれるだけでも本望、と思っていた本命だった。だから、今年の運は全てここで使い果たしてしまったな、といった感じ。ところで、これまで二つの箱の開梱にお付き合いいただいた読者の方で、お気づきのかたもおられることだろう。品物のタイトルには【ネット限定】の文字が一つだけ。そして何よりも、黒字で書かれている。(これまでの二つは赤字だった。)

期待しても、いいですか?

ということで、最後の一箱も、開梱!(以下ネタバレあり)

箱の中に入っていた紙には、今回も冬の福袋の案内が書かれている。「ご当選おめでとうございます。」とも。これを3枚頂いてしまったのだから、本当に恐縮至極であります。外れてしまった皆さん、どうもすいません。

最初に現れたのはソックス。3足で790円の「えらべる靴下」が1足と、3足組のショートソックス799円。3足組の色は微妙だけれど、自宅履きで重宝しそうな感じ。全部で1000円ちょっと、ですかね。

続いて登場は、ボーダー半袖が二組。ボーダーの幅も色も微妙に違うので、使い回しができそう。1枚990円×2枚で1980円。ここまでで3000円程度といったところ。

ダークネイビーのトレーナーはポケット部分にファスナーがついたもの。形状はパーカーみたいな感じ。出た!3990円!

こちらはダークグレーのウールネックセーター。無難な色合いなのが本当にありがたい。ウールにシルクを加えた素材で、洗濯機洗いが可能なのだそう。こちらも3990円!

ええと、ここまでで10960円、約11000円ということで、3000円の元手は十二分に回収、費用対効果は3倍近くですよ(276%)。

というか、こうなるとやはり「羽織る毛布」が…。いやいや、やめておこう。

しかし、これでは終わらなかったのが、黒字表記のなせる業?何ともう一点入っていましたよ!

黒色の「洗えるワイドリブタートルネック」。これ、ホントに買おうと思って買いそびれていたヤツ!凄い!しかもこれ、4990円。

3000円で購入した福袋の中身が、何と総額15000円越え(15950円)ですよ。回収率が500%を越えてしまった。無印良品さん、ありがとう!

ということで今回の結果。3つの記事で紹介したが、金額だけで求める結果は、以下のとおり。

(1)2000円+(2)4000円+(3)3000円=9000円 ⇒ 総額約30000円

率にして300%を越えてしまった費用対効果。数の中には、あれ?というものが含まれているのも事実だけど、これは確かに「買い」だということがよーくわかりました。恐るべし、無印良品の福袋!なのでありました。