日別アーカイブ: 2016-09-27

弘前・白神アップルマラソンまであと5日


第14回弘前・白神アップルマラソンの開催までいよいよあと5日となりました。僕が所属する弘前公園RCにとってこの大会は、いわばお祭りのようなもの。家族や友人、仲間などの声援を受けながら自己ベストを目指すメンバー、サポートする側に回るメンバーなど、参加目的や思いもそれぞれ違います。ただ、その日に向かってクラブ全体がかなり「熱」を帯びていることは、紛れもない事実です。

僕は一昨年、昨年とペースランナーを務めました。せっかくなら地元を盛り上げたい、大会を盛り上げたい、最初はそんなきっかけだったのですが、実際やってみると、一緒にゴールを目指すランナーに是非目標を達成してほしい、そんな思いを強く抱きつつ、がむしゃらにゴールを目指して走る皆さんを鼓舞しながらサポートすることや、ペースをコントロールすることの難しさを痛感しました。
ペースランナーはあくまでも裏方。脇役、引き立て役に徹しなければならないことを肝に銘じながら走った2度のフルマラソン。
昨年のアップルマラソンの後で、ペースランナーに対する認知度が一気に高まるとともに、ペースランナーを希望する人が増えたのも事実。しかし実際、自分が走り慣れているペースではないペースでフルマラソンを走るって、結構大変なのですよ、ええ…。

さて、今年の弘前・白神アップルマラソンなのですが、私、ペースランナーを務める予定がないどころか、実はエントリーすらしていません。
怪我のため不参加?走れなくなった?単なる物忘れ?いやいや、9月に入ってからそれなりに調子は上がってきていますよ。

今回、6月の弘前城リレーマラソンで伴走を務めたAさんの伴走を再び務めることになりました。
ですから、計測タグはもちろん、ゼッケンナンバーもありません。代わりに、これを付けて走ります。

dsc_0904-02

Aさんとは今もだいたい月に1度のペースでしょうか、土曜日の朝に弘前公園内を一緒に走っているのですが、アップルマラソンでの伴走を早々にお願いされまして、私でよろしければ、と二つ返事で了承しました。
これはこれでまた、やりがいのある内容になりそうだな、と。多分、Aさんと30年以上前から親交があったうちの亡父が、この組み合わせに一番驚いているんではなかろうか…。

relaymarathon

当初ご本人は、フルマラソンにするかハーフマラソンにするかで悩んでいた模様で(僕は「どちらでもいい」と返答、ただしフルマラソンの伴走を一人でやるのは辛い、とも伝えていました。)、結局今回はハーフマラソンを走ることを選択しました。Aさん、昭和23年生まれの御年67歳なのですが、マラソンに定年はありません。まだまだ挑戦したいことがたくさんあるということをいつも口にされていて、70歳までのフルマラソン再挑戦も視野に入れている模様。

ちなみに、ご本人に「どれぐらいのタイムを狙いますか?」と聞いたところ、あまり深く考えていなかったようなので、「どうですか、ここは一つ2時間で?」と提案したところ、「よし!それで行こう!」ということになりました。
しかし現実は、弘前城リレーマラソンの時も最速でキロ5分40秒ぐらいだったので、かなり厳しい設定だということを承知しています。
あとはAさんご自身のモチベーションと気力、体力がどれぐらい維持できるかにかかってくると思いますし、当日の気候も影響してくることでしょう。
しかし、やるといった以上は後には引けません。足を引っ張ることなく、しっかりサポートしたいと思います。

このブログをご覧になっている方には、当日大会に出場される方や、応援にいらっしゃる方もたくさんいると思うのですが、幾つかお願いがあります。

・大会当日は、Aさんが黄緑色、僕がピンク色の「No Apple,No Life」Tシャツを着用して出場する予定です。私たちを見かけたら、是非気兼ねなくお声掛けください。そして、Aさんに「完走目指して頑張ってください。」と一言お伝えください。その際、「マカナエ頑張れ。」は一切いりません。(僕も頑張りますが、まずはAさんに頑張ってもらうためにサポートに徹するだけなので。)

・もう一つ。ハーフマラソンに出場されるランナーの皆さんにお願いがあります。ご存じのとおり、スタート直後から岩木茜橋付近まではかなりの混雑が予想されます。急接近や衝突には、こちらも気を付けますが、皆さんもご注意、ご配慮頂ければありがたいです。特に給水所付近での急な立ち止まりは、できればご遠慮願えれば…。そして走っている間、沿道はもちろん、追い抜きの際にAさんへの声援をよろしくお願いします。

・最後に。ハーフマラソンのスタートは9時50分。フルマラソンのスタートから50分後です。私たちは2時間を目標にゴールを目指しますが、順調に走ることができれば、11時50分頃にゴール地点の追手門広場へと戻ってきます。がしかし、仮に遅れてしまった場合、フルマラソンで3時間切りを目指す皆さん(いや、もしかしたら3時間30分切りを目指す皆さん)とゴール付近でバッティングする可能性があります。フルマラソンで3時間切りを目指す人と、ハーフマラソンで2時間を目指す人とのスピードには、圧倒的な差があります。とはいえこればかりはAさん次第なので、僕にもどうなるかわかりませんが、もしもゴール付近でバッティングしてしまっても、どうか心穏やかに優しく見守ってください。

このほか給水はうまくできるか、走路をしっかり確保できるか等、不安なことばかりがたくさんあるのですが、役目をしっかり果たし、最後は二人で笑ってゴールできるよう心がけたいと思います。

dsc_0654

…でも正直、毎年ゴールでカメラを構えていたあの方が今年はいないと思うと、胸が締め付けられそうな思いに駆られます。願わくば、二人の姿を収めて欲しかった…。

合掌