日別アーカイブ: 2008-02-08

相撲協会の体質


今日は何だか、素朴な疑問ばかりが沸き起こってしまった。多分これは、皆さんにも賛同して欲しいという大きな期待を抱いてのことだと思う。

土俵の根幹に捜査の手=危機意識問われる相撲協会?力士死亡
(時事通信社 – 02月07日 17:02)

昨年6月、大相撲の時津風部屋で序ノ口力士、斉藤俊さん=当時(17)=が急死した事件は7日、元時津風親方(元小結双津竜)と兄弟子3人の逮捕に発展した。プロ競技で指導をめぐって刑事事件が立件されるのは極めて異例。力士育成という大相撲の根幹に捜査の手が入った。

日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱)は同日記者会見し、「まことに遺憾であり残念でならない。今後このようなことがないよう指導していきたい」などと述べた。兄弟子3人の処分は捜査当局の判断を見ながら協議するという。

相撲協会員の不祥事には、1995年に二所ノ関親方(元関脇金剛)がマージャン賭博の容疑で現行犯逮捕された例などがあるが、協会の本業である力士の指導で逮捕者が出た例はない。

相撲協会は昨年10月の理事会で、協会の名誉を失墜させたとして時津風親方を解雇。兄弟子3人は昨年11月の九州場所と今年1月の初場所を全休し、協会は捜査の推移を見守っていた。

警察が動き始めてから慌てて動き出した相撲協会。こういうことを言っては非常に失礼だけど、相撲の世界しか知らないあの人たちには、何がいいことで何が悪いことなのか、何が常識で何が非常識なのかという基本的な部分が、どこか誤って伝承されているような気がする。

続きを読む