日別アーカイブ: 2016-11-10

寝付きの話


sketch-03

-これは映画でも芝居でもない、だから現実を正視しろ。

…あちらの国で巻き起こった1対1の大立ち回り。
正直、どっちに転がったところで何の期待が持てるというものでもなく、我々が騒いだところでどうにかなるものでもなく。

ただ、薄っぺらな情報の真贋の見極めとか票読みの甘さというのは、どこの国も似たようなものなのだな、と。うわべだけの予想で物事を面白可笑しく取り上げるんじゃなくて、本当に伝えられなきゃならないのは、深く掘り下げた真実。

ワールドワイドに仕立てられたショーに文字通り世界が巻き込まれ、通貨も株価も激しく乱高下。結局ヤツらに翻弄されていたのは自国民じゃなくて、他国民。しかも、筋書き通りじゃない結末は、もはや月9のドラマを越えるレベル。この筋書きを書いた脚本家に、アカデミー賞を!

敢えて問おう。日本人よ、株価の乱高下を見て、どう思った?
昨日一昨日まではトラ○プショックだとかいって大きく下落した株価、それが舌の根の乾かぬうちにト○ンプへの期待から株価が上昇って、何かがおかしいと思わないか?

TPPだか.pptだかPPAPだかよくわからないけど、結局のところ踊らされていたのは、あちらの国の人じゃなくて、こちらの国の人だけじゃないのか?人の振り見て我が振り直せ。以上。

…という愚痴を、誰もいない荒廃とした路上で一人延々とこぼす、そんな夢を見ませんでした。見るわけがないのであります。

sketch-04

今に始まったことではないにせよ、最近特に、寝付きが非常に悪いというか、眠りが浅いのです。朝の起床は午前5時、最低6時間は寝たいので、23時には眠るようにしているのですが、毎日のように変な夢を見ます。うまく言えないけれど、こういう夢見が続くときはあんまりいいことがないんだよね、という内容です。そして大概、意味のわからないことをしています。

例えば、手で穴を掘っていたり、走っている車に追いついたり、屋根伝いに歩いたり、かと思えば、いくら走ろうと思っても脚が全然前に出ず一向に進まなかったり。そんな、普段なら絶対やらないようなこと、やれないことを夢の中でやっています。それも、スタントなしの一発勝負です。

夢の中の主演はほとんど僕ですが、助演としてご存命の方や鬼籍に入られた方、色んな人たちが友情出演してくれます。身近だったりそうじゃなかったりさまざまですが、知らない人はほとんど出演しません。いつもご出演頂き本当にありがとうございます。
でも、友情出演なのでギャラはお支払いしません。

…ううむ。この夢見の悪さは、ここ数日アルコールを抜いているのが良くないのか。それとも、布団が悪いのか枕が悪いのか、はたまた寝ている環境そのものが悪いのか。
代わりといってはあれですが、朝一度起きてからはよく寝ます。と言っても今に始まったことではありません。通勤電車の中はもちろん、昼休みもよく寝ています。電車の中では読書もしますが、途中で寝てしまうために、同じページを何度も読み直していることがあります。何と、いびきまでかいていることがあるようです。そして、突如頭の中に現れるブラックホールのような黒点の中に吸い込まれそうになって、ビクッ!と全身が反応して目が覚めます。皆さんも一度は経験あるでしょ。授業中とか、仕事中とか、運転中とか…(って、全部ダメですから)。
あのビクッ!ってヤツ、「ジャーキング現象」というらしいです。酷い場合は「周期性四肢運動障害」という病気に分類されるのだそう。
そうそう、この間の朝なんかは、頭の中で何かが破裂したような爆音が鳴り響いて目が覚めました。あれは初めてで本当にビックリしました。一瞬頭の中の血管が切れたかと思い、思わず頭を掻きむしっていました。
「頭内爆発音症候群」という、冗談かと思ったら本当にこういう名前の症状があるのだそうです。
ちなみにこれらは、相当疲れているのに我慢しているときとか、過度のストレスが引き金となるらしいです。リラックスして床に就けばいいのですが、最近なかなかリラックスできないことが多くてですね、ははは…。

そんな感じで、最近はあまり質の良い眠りにありつけていないのが現状です。
職場で昼休みに仮眠を取るときは大体自分の机に突っ伏して寝てしまうのですが、電車の中ではそれもできないので、座ったまま眠り始めます。実は最近一番爆睡できるのが、電車の中です。ただ、身体のバランスが悪いんでしょうね、眠ると決まって右側に身体が倒れていくという。
でも時々、僕の右隣に座った人が僕より先に眠り始めちゃって、僕の方に身体を寄せて(もたれかかって)来ることがあります。
(当然のことながら)若いオネエさんの時は、そっとしてあげることが多く、(当然のことながら)オッサンの時は、容赦なく身体を押し返します。でも一番対応(処理)に困るのは、部活に勉強に遊びにと疲労困憊なのか、帰りの電車の中で全身の力が抜けたように身体を寄せてくる男子高校生。押し返しても無反応。もう、重いのなんのって…。

でも先日、帰りの電車で逆をやられました。

どうやら右側に身体が倒れて行ったらしく、明らかにそれを押し返す嫌悪感丸出しの素振りが感じられたのです。あっ!と思って慌てて身体を戻し薄目を開けたら、押し返していたのは、以前オレにもたれかかって爆睡していた、若いオネエさんでした。

妙に虚しかったです。でも、いいんです。日曜日には、いい夢見させてもらいます。じゃあ、みんなもいい夢見ろよ。

sketch-02