日別アーカイブ: 2005-04-09

『海辺のカフカ』 / 村上春樹


海辺のカフカ (上)
村上 春樹

海辺のカフカ (下)
村上 春樹

今更なのだが、「海辺のカフカ」を読み終えた。いや、貪るように読破したといった方がいいかも知れない。僕が村上春樹の作品を読み始めたのは、確か高校に入学する前後だったような気がする。その頃も、とにかく馬鹿の一つ覚えのように村上春樹作品ばかり読んでいた記憶がある。その後僕は、ダニエル・キイスに目覚め、そして沢木耕太郎の「深夜特急」を経て、それ以降は現実的な新書ばかり読み漁るようになり、いわゆるフィクションの小説とはしばらく疎遠となった。それでも、「ねじまき鳥」「アンダーグラウンド」と、合間を縫って村上作品は読み続けていたような気がする(ただし、ベストセラーとなった「ノルウェイの森」と、翻訳作である「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を除いては)。

続きを読む