Monthly Archives: 6月 2024

【CD試聴記】『原画Ⅰ』『原画Ⅱ』 #森山直太朗

世界中が新型コロナウイルス感染症の影響で情緒不安定だった2022年11月、弘前市民会館にやってきた森山直太朗のツアーを鑑賞した。全般を通してなんだか心が洗われるような、そんな晴れやかな気持ちになった。

後刻、翌年1月に『原画Ⅰ・Ⅱ』という、2枚の弾き語りベスト盤をCD発売することを発表。ただし、11月以降も続いていた全国ツアーの各会場のみでの販売で、ストリーミングなどの配信はないという。

11月に公演を観たキミたちには悪いけれど、引き続き行われているツアー会場に足を運んで購入してくれ、ということらしい。収録されたナンバーを見て、そしてオンラインでの試聴音源を聴いて、喉から手が出るほど欲しかったが、それを入手する手段は残念ながら持ち合わせていなかった。ああ、いっそオークションサイトで販売されている法外な値段の商品に手を出すべきなのか…。しかしあとちょっとのところで思いとどまり、その領域に手を突っ込むのはやめた。
やがて、1年以上続いたツアーの《番外篇》として両国国技館での公演が24年3月に開催されることを知る。

例えばその公演が終わる頃に、通常販売が始まらないだろうか。といった淡い期待を寄せつつも、年度末を迎え、自分自身が業務に追われることとなり、すっかりそのことを忘れていた。
弘前公園のさくらが満開となり、そして散り始めた頃、森山直太朗の「さくら(独唱)」を思い出した。ふと公式サイトを覗いてみると…。
なんと、喉から手が欲しいと思っていた『原画』が、両国国技館での公演に合わせ、公式オンラインショップで販売開始されたことを知る。

『原画』特設サイト

こんなに心躍らせながらCDの購入ボタンを押したのは久し振りかも知れない。
こんなに商品配送を待ち望んだのも、久し振りかも知れない。
きっと、渇望とはこういうことを言うのだろう。

ただその一方で、今回の『原画』を手にする前に、一抹の不安が頭をよぎったのも事実。
23年3月に U2が発表したアルバム『Songs Of Surrender』。 歴代のベストソングをメンバー4人がそれぞれチョイスして新録音したというもの。アンプラグド風な楽曲がずらりと並ぶ中、原曲から遠くかけ離れた新解釈による楽曲も多く収録されており、聴くにつれて違和感や戸惑いのようなものを覚えたのだ。
Continue reading