日別アーカイブ: 2012-04-14

お前らみたいなヤツは蕎麦喰う資格なし!


今朝、ハナと家の近所の川沿いを散歩していた時に、川の中に佇む一羽の大きな白い鳥と遭遇しました。
鳥の名前と言えばせいぜいニワトリか焼き鳥ぐらいしかわからないのですが、よく見るとその鳥は、川の中に放置された大きなゴミ袋の上に乗っていました。ゴミ袋からは、空き缶やペットボトルが散乱していました…。

昨日Facebook仲間のFさんが、「弘前市内のゴミが酷すぎる」と嘆いていたばかり。
観光に力を入れるのは大いに結構なことですが、雪解け後の弘前市内、道路や川などありとあらゆるところにゴミが散乱しています。
今日はクリーン大作戦も行われていましたが、それにもかかわらず、雪の中に隠れていたゴミは、これからもどんどん出てくることでしょう。

「街歩きの観光」にも力を入れるようですが、ゴミばかりが散乱している街に、観光客が「また来たい」と思いますか?

…という疑問を抱いていたところに、更に追い打ちを掛けるような出来事に遭遇してしまいました。

昼過ぎ、妻と買い物を終えて我が家に帰ってくると、例のごとく隣の蕎麦屋にやって来たと思しき青森ナンバーの「白いアウディ」が拙宅の駐車場に停まっていました。
(※ひょっとしたらこの時点である程度人物が限られてくるかも知れませんが、このまま続けます。)

まぁ、すぐ出てくることを期待して、家の前で待とう…。

ん?よく見ると、停まっている車の助手席のすぐ横に、何かがあります。何だあれ?

何とそれは、ついさっき飲み終えたと言わんばかりの、ドトールコーヒーのプラスチック製のカップ。ご丁寧に、ストローと氷がまだ入ったままでした。

何となく結末の予想はついていたので、こみ上げてくる怒りを抑えながら、白いアウディの持ち主が出てくるのを、まるで蕎麦屋の駐車場が空くのを待つ人のように、車の中でじっと待っていました。

程なく、スーツ姿のオッサンと、その後ろから若そうなオナゴ。こちらもパンツスーツでビシッと身を固め…。

さて、どうするのかと車を移動させながら様子を見ていると、オッサンがアウディに乗り込み、ハンドルを握ります。オナゴはというと、道路に出て白いアウディを誘導。

オナゴに誘導された白いアウディは、拙宅の駐車場を離れ、2軒向こうの家の前に停車しました。
と同時に、おもむろに僕は運転席から降り、そのオナゴの行動を見ていると…やっぱりね。

そのオナゴ、まるで何事もなかったかのように、白いアウディに向かい始めたのです。

「おい!これ、あんたたちのか!?」
語気を強め、例のカップを手にする僕。

するとオナゴ、まるで「あら。気付いたの?」と言わんばかりに「あ、ごめんなさーい。」と僕の手からカップを奪い取り、白いアウディに逃げるように乗り込んでいきました。

久しぶりに怒りに震える感覚。
さて、皆さんならどう思いますか?

そんなの気にしていればキリがない?どこにでもある話?オナゴの顔が見てみたい?そのオナゴとオッサンとの関係が気になる?

僕はこう思いましたよ。
いくら見栄えだけいい格好しても、取っている行動が人間として最低!もしもこんなヤツが弘前市民なら、ホントがっかり。自分が良ければそれでいいんだろうね。人間としての資質を疑うよ、ホントに。あんたらに悪気はないんだろうけど、絶対に許せないし、許さないから。

まぁ、走り去る白いアウディのナンバーも見ちゃったんですが、それは敢えて伏せておきましょう。

最後に一言。

お前らみたいな連中、二度と家の近くに来るな!バカ!!