日別アーカイブ: 2005-09-21

沖縄旅行顛末記(後篇)


大体こういう時は、飲んで寝るに限る。そう、「ふて寝」だ。
しかし、妻は僕よりはるかに「大人」である。こういう時に何をすべきかを理解していて、実に的を射た行動を取る。
部屋に着くなり、何事もなかったかのように「ビール、冷やしておこうか」「あ、その肉適当に切ってくれるかな?」と、ごく普通に振る舞い始めたのだ。自分自身の言動に愚弄さを感じた僕は、ただただ猛省せざるを得なかった。
そして、何事もなかったかのように夕食を済ませた僕たちは、再び爆睡…のはずだった。ところがこの日は、夜な夜な国道を疾走する地元の暴走バイクの爆音と、知らぬ間に出来ていた虫さされのかゆみに悩まされることとなった…。
◆9月16日 さらに初の…(その2)
いよいよこの日は、生まれて初めての「海底散歩」の日である。せっかくなので体験ダイビングを、と行きたいところではあるが、何せ妻は極度の近視、しかもコンタクト着用者であることから、どうしても「ダイビングは怖い」ということで、海底散歩(=水中ウォーキング)と相成った。しかしこの水中ウォーキング、やろうと言い出したのは他ならぬ妻である。ちなみにこれも、通常ならば一人6,000円であるが、特典により「タダ」である。
10時15分には集合場所に向かい、簡単な体調確認票に記入。実はまだちょっと風邪気味だったが、そんなことで初の体験を棒に振るのも癪なので、そこは敢えて「虚偽申告」した。

10時30分。我々を含めて11名の人たちが、いかだのような船に乗せられて沖合300mほど先にある「固定いかだ」に移動。そこで、レクチャーを受ける。近くて遠い場所に、ホテルが見える。
機材の都合上、5名6名と半々に別れてやらなければならないとのことだったが、先発隊を買って出るほど自信も勇気もなく、若い人たちに先を譲った。その間、水中に沈んでいるヘルメットのようなものを見ながら、一体どんな景色が待っているのか、ドキドキしてきた。
約5分後。若いカップルが、いきなり水中ウォーキングをやめて戻ってきた。具合が悪くなったのか?更に不安を掻き立てる。
約15分後。残りの先発隊が戻ってきた。見ると、誰一人髪が濡れていない。そりゃそうだ。あのヘルメットの中に水が入ったら、溺れること必至なのだから。
「では次のグループ、行きまーす!」

続きを読む