日別アーカイブ: 2007-03-01

初の東通村訪問


青森県は67市町村が合併して現在40市町村になっているんですが、僕が青森県で生まれ育った今日まで行った(通った)ことのない村が2つあります。一つが、「キリストの墓」があるとしてマニアには有名な新郷村(しんごうむら)。
もう一つが、下北半島の東端に位置する東通村(ひがしどおりむら)。

今日は、このクソ忙しい時期に東京から遠路はるばるお二人がお見えになったので、鞄持ちというわけではございませんが、随行兼案内役として一緒に東通村に行ってきました(ちゃんとした仕事ですので念のため)。

青森市から車で約2時間半。
ここは東京電力と東北電力による原子力発電所の建設が進められていて、村へはいわゆる原燃交付金が潤沢に支給されていることもあり、周囲の貧乏市町村とは合併する気なし(というか東京電力よ、何故関東圏ではなく東北は青森のそれも東通に原発なのだ?ん?)。

とても村には似合わない、ナウシカに登場する芋虫みたいな建物を併設した役場やら、こんなに生徒がいるのか?と思いたくなるような巨大な敷地の小学校やらその他施設があちこちにあるのは、隣村の六ヶ所村にも似たところがあります。六ヶ所村も交付金がハンパじゃないからねえ。

続きを読む