月別アーカイブ: 2004年4月

GWの過ごし方…


黄金週間が始まり、我が家でも昨日、千葉県在住の妹が帰省しました。7連休だそうです。羨ましいといえば羨ましいのですが、特段用事のない私としては、実はあまり魅力のないGWでもあります。実際私の場合、今日は別に休暇を取っても何の問題もなさそうだったのですが、こういうみんなが休暇を取る日(ちなみに、約2割程が年次休暇で不在)こそ落ち着いて仕事ができる機会ではないか、そう思って通常出勤。よって、暦通りの休暇となるのですが、先に申し上げたとおり明日から5日間にも及ぶこの休みを、どのように過ごすか頭を悩ませております。
予定らしい予定といえば、明晩釣りに行くといったくらいで、あとは全くの空白。GWになると、取りあえずどこかに行かなきゃ…とまるで強迫観念のように出かける人もいるようですが、まぁそれはそれでいいと思います。ただ、だいたいこの時期はどこの観光地に行っても混雑必至で、渋滞にはまってストレスが溜まったり、満喫できないこと請け合い。よって、どこかに行こうという気すら起きないのです。妻が「どこかに行きたい」ということもなく、近々予定されている資格試験に向けて勉強しなきゃ、と嘯いているくらいですから…。
どうやらこのGWは、部屋に散在するいろんなものの整理に明け暮れて終わりそうな予感です…。


高校時代の恩師と…


昨晩はたっぷり飲みました。青森市古川は「六兵衛」というお店。フリーで訪ねても座れた記憶がほとんどなく、いつも「お断り」だったので、今回は事前に予約しておきました。その日お薦めの刺身、納豆オムレツも美味しいのですが、揚げ物が絶品です。ちなみに『田酒』が置いてある店です。地下にあるため携帯が通じにくい、小上がりがとても窮屈だというのが難点ですが…。
閑話休題。
僕を含めた高校時代の同級生3人+恩師の4名で飲んでいたんですが、まぁいろんな話が出ましたね。そのうち一人は民間に勤務しており、最後は民の官に対する不平不満をタラタラ聞かされて終わった…という感じです。いや、彼としては建設的な話に持って行きたいんだろうけれど、どうも彼自身の視点から見た「一部の官」が「全ての官」に通じているような見方をされていることが、あんまり承服できなかったんですが。
象徴的だったのが、僕が「職場に復帰して最初にやった仕事が、親交会の規約改正だったんだよ…」と笑いながら話したら、ムッとした顔で「お役所だもんなぁ」と言い放ったんですね。一度彼とは激論バトルを繰り広げているし、恩師も同席している手前そこはサラッと流していました。だって、そんなことあるわけないし(笑)。冗談と本気をはき違えると恐ろしいなぁ、と思いつつ、また彼とは飲む機会があると思うので、敢えてそこでは否定しなかったんです。
何というか、そういう個人の鬱積した思いを晴らすために設けた席ではなかったし。
まぁ、それぞれ生活環境も違えば嗜好も異なるので、いろんな意見があって然り。ただ今回、いつになく冷静に話を聞いていた僕自身を客観的に見たときに、ちょっとだけ大学院で培ったものが生きているのかも知れない、と思ってしまいました。それまでは、気に入らない話には耳を貸さなかった僕が、人の意見を聞き入れる姿勢にあった、ということにちょっとだけ驚いた飲み会でした。
あ、そうそう。イカの下足(ゲソ)揚げがとてつもなく旨かった。


死の壁


お久しぶりです。つい最近立て続けにネクタイが短いということを指摘されてカッとなり、ネクタイの長さと気の短さの相関関係について調査研究を進めようかと考えているnonveyです(嘘)。
最近、一冊の本を手にしました。養老孟司の「死の壁」。タイトル通り「壁」シリーズ第2弾です。実は冒頭しか読んでいないのですが(爆)、電車の中ですっかりはまってしまったのでご報告。
文芸書然り音楽然りで、作品が大きく売れると、二匹目のドジョウを狙って同じようなモノを求めてみたりするのが人の性。ところが、二番煎じとばかりに似たようなモノが出てきて、結果「一発屋」と称されるのが多いのですが、今回養老先生(敢えて先生と呼ばせて頂きます)は、人間にとって避けては通ることのできない、どちらかと言えばこれまでタブーとされてきた「死」という難しいテーマを取り上げています。
前作「バカの壁」を読んだ時は、結局何がどうなるのだろうという疑問を抱くという、どうも後味の悪さが感想として残ったのですが、実はこの「死の壁」の冒頭では、その後味の悪さこそが「壁」であり、そこから考えることが必要なんだということを説いています。こうなると完全に、続編ですね。「『バカの壁』の向こう側」、「なぜ人を殺してはいけないのか」、「死と人事異動」、「テロ・戦争・大学紛争」など、章のタイトルを見ただけでくすぐられるモノがあるのですが、如何せんまだ読んでいません。でも、冒頭を読んだだけで何となくお勧めしたくなりました。「なぜ人を殺してはいけないのか」という章を読んだ時、目から鱗が落ちたというか溜飲を下げたというか、そうだよそういうことなんだよ、と頭の中では分かりきっていながらなかなか活字にできないことを簡潔に活字にしています。さすが先生恐るべし。
無邪気な子供なんかが「ねぇ、どうして人は死ぬの?」とか「ねぇ、どうして人を殺しちゃいけないの?」と聞かれた時に、ひょっとしたら的確に答えることができるかも知れません。いや、多分ですけど。立ち読みでも結構、是非書店で見かけたら手にしてみて下さい。
ひょっとしたら「何か」くすぐられるかも知れません。