中年に優しいオールスタンディング #佐野元春 #ソウルボーイへの伝言2019


2019年11月16日。青森市のライブハウス「青森Quater」へ畏友Zと足を運んだ。佐野元春 & THE COYOTE BANDのクラブサーキットツアー「ソウルボーイへの伝言 2019」を鑑賞するためだ。

年に数度、いろんなアーティストのコンサートを鑑賞しているが、その中でもライブハウスに足を運ぶのは年に1度あるかないか。だから、今回の会場である青森Quaterに足を運ぶ機会もほとんどないのだが、佐野元春がTHE COYOTE BANDを従えて青森へやってくるようになってからは、このライブハウスに足を運ぶ機会が一気に増えた。実際のところ、青森Quaterで観た半数以上のライブは、佐野元春 & THE COYOTE BANDの公演だ。
でも、考えてみると、かつて横浜スタジアムでライブを行ったアーティストが、500人程度のオールスタンディングのライブハウスで公演を行うって、凄くないですか。好きなアーティストの髪の質感や徐々に汗ばんで紅潮していく顔を至近距離から眺めることができるなんて、なんて幸せな時間なのだろう、と。

公演中に本人が語っていたが、青森での公演は、かれこれ4年ぶりになるらしい。
つい1年ほど前にも観たような気がしていたけれど、調べてみたら確かに4年前の10月、それも弘前・白神アップルマラソンの2日後に同じ会場でライブを堪能していた。前回はツアーが始まる前に発表された「BLOOD MOON」というアルバムを引っ提げての公演となった。
しかし、もう4年も経っていたということが驚きだった。いやはや、加齢とともに月日が経つのがどんどん早くなっていくなあ(苦笑)。

今回のツアー、10月に「或る秋の日」という生産限定のアルバムが発表されたので、そのプロモーションを兼ねてのものなのだろう。

「或る秋の日」は、配信限定の楽曲をメインにした佐野元春のソロ名義でのアルバムだったが、バックで演奏しているのが実質THE COYOTE BANDだったので、きっとこのアルバムを中心とした公演になるのだろうな…と思い、予習を怠ることなくライブに臨んでみたら、これがいい意味で外された、といった感じだった。おお、そう来たか!と。
今回はネタバレなしということで、何を演奏したのかには触れないでおこうと思う。ただ、改めてセットリストを眺めてみても、この辺は徹底しているのかな…という、会場にいた人でなければわからないであろう大きな独り言。

公演時間はアンコールを含めて1時間30分強と、コンパクトにまとめられたなあ、といった感じ。ただ、無駄なものが排除され(いや、ステージに無駄なものなんてないんだけど)、時間が経つのがあっという間だったし、終演の後に時計を見て、え…まだこんな時間なの?と驚いたぐらい。

裏を返せばそれだけ濃厚かつ濃密なライブだったということ。

我々もいわゆる「アラフィフ」と呼ばれる世代に突入しているし、周囲のお客さんはむしろ我々よりも年長の方が多い。超満員とまでは行かなくとも、拳を上げたり手拍子することも憚られるぐらい大勢の観客に囲まれている中で、オールスタンディングで1時間30分以上足踏みをしたり声を上げるのは、結構辛いものがあるのですよ。

…え?お前ランナーだろう!って?…まあ、確かにそうだけれど、午前中にゆるランしていたので、脚と腰には結構疲労がたまっておりまして、ええ。

ということで、ロマンスグレーから更に白髪度を増した佐野元春さま、来年はデビュー40周年ということで、祝ってもらうのではなく、逆にファンに何かを還元するぐらいの気持ちで色々企んでいるようなので、今後の活動にも注目していこうと思う。

心地よい疲労感でストレスが一気に抜けた感じ。終わった後に飲んだ「ハートランドビール」も大変美味しゅうございました。

へば、まだな。

※ツアーグッズが販売されていたテントでは、過去のグッズも売られていた。思わず、15年前のピンバッジを購入してしまった。