月別アーカイブ: 2007年8月

よりによって…


美輪明宏と来れば、次は江原啓之だよな(笑)。いや、TOKIOか?

と思っていたらホントに青森に来ることになった江原さん。8月30日の公演のチケットを妻に頼まれ入手したまではよかった。

ところが。

妻と俺の分ということで2枚ゲットしたにもかかわらず、出張が入っていたことを思い出してしまった俺。

日程変更も検討したのだが、何せ出張するのが俺一人じゃないというのがミソで、当然そんなこっちの私的な事情など知る由もなく、あれよあれよの間に出張は確定してしまったのだ。

結局俺は、江原さんの早口でありがたいお話を、生で聞くことができないことが決定。俺がチケット取ったのに…(涙)。

ま、江原さん流にいうのなら、「それもこれも全て決まっていたことなんです。」ということになるのだろうか。

それにしても…ここ最近はあまりにもいろんな事がありすぎて、ホントに江原さんに観て欲しいと思っているくらい。大変なのだよ、いろいろと。

実はね…と、ここで現在抱えている悩みをドバッと出してしまえば、きっと楽になることは間違いないのに、それを打ち明けることも出来ず、悶々としなければならないこの辛さ!!

嗚呼。

この仕事、辞めればいいんだろうか…。
それとも…。

ううむ…江原さん、俺、今完全に路頭に迷ってるよ。
一寸先は闇だぜよ。


幻の湾内カーニバル


金曜日の夕方。
滅多に掛かってくることのない携帯電話が突然鳴った。見覚えのない電話番号。恐る恐る出ると相手は、よく一緒に釣行に向かっていたT先生だった。恐らく初めての電話、タガシ先生からこちらの番号を聞いたらしい。

「急で悪いんだけど、明日釣りに行かない?」

このT先生、船舶免許を持ち、中古の小さな船を所有している。
聞くと、お盆前日は湾内がお祭り騒ぎで、型のいい真鯛が次々と釣れたとのこと。
「いやぁ、この間のポイントに明日も行こうと思ってさぁ…。」

一瞬イヤな予感がよぎる。大体、釣れた話を聞いた後の釣果は、散々な事が多いのだ。大体、この間の船酔いショックの傷もまだ癒えていないのに。

一瞬考えたが、特に用事もなかったし、せっかくのお誘いなのでお世話になることにした。

続きを読む