日別アーカイブ: 2004-11-24

「死をもって罪を償う」という考え方


奈良県で起きた凄惨かつ酷たらしい事件。
まずもって、被害者の女児に哀悼の意を表するとともに、ご遺族の方には謹んでお悔やみ申し上げます。
さまざまな犯人像が浮かんでは消え、そしてまた浮かんでは…という現状。警察には、早期の犯人検挙に向けて全力で取り組んで欲しいと思います。
犯人に対する憎しみ怒りから、「死刑は免れない」という声も多く聞こえています。いや、被害者の心情を思うと、死刑でも足りないくらいではないでしょうか。今日はそんな死刑制度について、僕なりにコメントしたいと思います。ちょっと長いです。

続きを読む