日別アーカイブ: 2004-04-29

高校時代の恩師と…


昨晩はたっぷり飲みました。青森市古川は「六兵衛」というお店。フリーで訪ねても座れた記憶がほとんどなく、いつも「お断り」だったので、今回は事前に予約しておきました。その日お薦めの刺身、納豆オムレツも美味しいのですが、揚げ物が絶品です。ちなみに『田酒』が置いてある店です。地下にあるため携帯が通じにくい、小上がりがとても窮屈だというのが難点ですが…。
閑話休題。
僕を含めた高校時代の同級生3人+恩師の4名で飲んでいたんですが、まぁいろんな話が出ましたね。そのうち一人は民間に勤務しており、最後は民の官に対する不平不満をタラタラ聞かされて終わった…という感じです。いや、彼としては建設的な話に持って行きたいんだろうけれど、どうも彼自身の視点から見た「一部の官」が「全ての官」に通じているような見方をされていることが、あんまり承服できなかったんですが。
象徴的だったのが、僕が「職場に復帰して最初にやった仕事が、親交会の規約改正だったんだよ…」と笑いながら話したら、ムッとした顔で「お役所だもんなぁ」と言い放ったんですね。一度彼とは激論バトルを繰り広げているし、恩師も同席している手前そこはサラッと流していました。だって、そんなことあるわけないし(笑)。冗談と本気をはき違えると恐ろしいなぁ、と思いつつ、また彼とは飲む機会があると思うので、敢えてそこでは否定しなかったんです。
何というか、そういう個人の鬱積した思いを晴らすために設けた席ではなかったし。
まぁ、それぞれ生活環境も違えば嗜好も異なるので、いろんな意見があって然り。ただ今回、いつになく冷静に話を聞いていた僕自身を客観的に見たときに、ちょっとだけ大学院で培ったものが生きているのかも知れない、と思ってしまいました。それまでは、気に入らない話には耳を貸さなかった僕が、人の意見を聞き入れる姿勢にあった、ということにちょっとだけ驚いた飲み会でした。
あ、そうそう。イカの下足(ゲソ)揚げがとてつもなく旨かった。