日別アーカイブ: 2004-04-13

幹事さんいらっしゃい


新しい職場に来て約2週間近くとなりました。一時期甘さが出たのか風邪気味でしたが、今ではほぼ完治し、仕事の内容もさることながら、徐々に課の雰囲気にも慣れつつある今日この頃であります。ただ、夜食にと思ってつい先ほど口にしたゼリー飲料が、実は賞味期限が相当前に切れていたことに気がつき、かなり狼狽しています。
私、御年33になるのですが、実は今所属するグループには、僕より年少者がおりません。例えば、「各グループより1名」とかいうと、まず最初に白羽の矢が立ちます。特に、親睦会関連は課の親睦会、グループの親睦会ともに僕が幹事を務めることに。僕の今の役職は「主査」ですが、一級下の「主事」がいないのは僕のグループだけで、他のグループ(3つ)には主事2名以上が配属しています。ちなみに「取り決めごと」があるらしく、僕は課の親睦会の幹事兼会計まで仰せつかることになってしまいました。まぁ、しょうがないんですけど…。
それにしても、これまであちこちの職場を転々としてきましたが、僕の配属された係や班では、一度も僕より年下だという人と会ったことがないのが不思議です。もっとも、居れば居たでまた、いろいろ厄介そうな感じもしますが…。
ちなみに、グループの「顔合わせ」と称した飲み会が行われていなかったのは、課内でうちのグループのみ。意図していたわけではありませんが、みんないろいろ多忙を極めていて、とてもとてもそんな雰囲気ではなかったのです。そんな雰囲気を知ってか知らずか、リーダーが一言。
「ところで、うちのグループの幹事は誰だっけ?」
誰だっけって…見ればわかるだろ、と言いたげに、グループの人たちの視線が一斉に僕に向けられました。
拒絶する理由もないし、どうせそんなことだろうと思ってはいたんですが、遂に来たか、という感じ。
ちなみにこの一言で、うちのグループは顔合わせ会をやることが決定。
場所の選定予約から会計まで、もちろん幹事の仕事となります。
飲み会がなくていい感じだと思っていたら、来週以降GWまでは、すでに4件予約済み。財布の中身も心配ですが、体力が持つかもっと心配。