日別アーカイブ: 2006-06-27

理想的な「見送られ方」


うちの上司の「ジッチャ」がいよいよ最期を迎えるかも知れないということで、仕事中も仕事も終わった後もバタバタしておりました。冷静を装ってはいましたが、明らかに動揺している様子。何でも、特養ホームに入っているらしいです。
僕は、個人的にはどこで人生の終焉を迎えるか、いうのはあまり気にしません。
ただ、終焉を迎えたあと、ちょっとだけこだわりたいことがあります。

続きを読む