日別アーカイブ: 2004-07-03

最近読んだ本


通勤で電車に乗っている間、読書することが日課になっています。とはいえ実は電車の中の読書というのは、周りの風景や乗降客の動きによって集中力が散漫になるので、あまり頭の中には入らないんだとか。学生さんが電車の中で勉強している光景をたまに見かけますが、あれも結局のところ意味がないということになるんでしょうか…。
読書、と偉そうなことを言ってますが、読んでいる本は大したモノではありません。持ち運びの負担を減らすため、読んでいるのは新書ばかり。それも、お仕事の関係上「自治体」とか「地方」とか、そんなのがタイトルに付された本を多く読んでいます。もっとも、冒頭で触れたとおり、ほとんど頭の中には入っていませんが…(苦笑)。
ただ、あんまりそんな本ばかり読んでもつまらないわけです。
で、最近読んだ本。
『上司は思いつきでものを言う』(橋本治・集英社新書)
興味をそそられるタイトルです。僅か3日で読破してしまった本です。いきなりスゥッと吸い込まれたというか、見事にはまりました。ただ、内容そのものは非常に突飛というか、筆者本人がおっしゃっていますが、「散漫」です。
とはいえ、4月に第一刷が発行され、僕が購入した6月の時点では第四刷でした。それだけ人気がある証拠でしょう。
サラリーマンなら、誰もが持ったことがあるであろう「上司に対する不満」。なぜそういう不満が生じるのか。これを、見事なまでに的確に解説しています。
この本を読み終えた後、僕は上司や目上の人に対する見方や接し方が少し変わりました。
あ、そうそう。大変お騒がせしました。妻の手によって、パソコン見事に復活です。