月別アーカイブ: 2008年11月

祖母キノ・91歳 (推定)


年明けには(確か)92歳になる母方の祖母。僕の祖父母は皆60代で亡くなっているのだが、この祖母だけは長寿。しかし足腰がだいぶ弱くなり、現在は自宅でほぼ寝たきりに近い状態となっている。最近はやや痴呆の症状も見え隠れしているらしいのだが、口だけは相変わらず達者で、未だに「弘前に行きたい」とかいろいろわがままを言って周囲を困惑させている、ようだ。

その祖母が昨日、腹部の激痛を訴え緊急入院。診断の結果は、「腸閉塞」だそうだ。
とりあえず痛み止めを打ち、小康状態になったようだが、91歳という年齢を考えると、手術もなかなか難しい話だろう。今のところ聞いている状況はこの程度なので、実際のところどういう感じなのかは、わからない。
思えば祖母と会ったのは今年の正月で、それ以来一度も祖母宅に足を運んでいないことに気づいた。まあ、ここ最近はかなり祖母宅を訪ねる機会も減ってしまったのだが、結果として祖父と伯母の墓参りにもしばらく行っていない。何をやっているんだろう僕は、とかなり自己嫌悪。

正直、外孫の僕は祖母の「いいところ」ばかりしか知らない。たぶん同居していればこその「悪いところ」もいろいろあると思うのだが、祖母と同居し、介護している従姉の負担を考えると、口は挟むが手を出さない自分が本当に情けなく、後ろめたい気持ちに苛まれる。

年齢を考えると、これから劇的に回復し、以前のように一人で電車に乗り込んで弘前にやってくる、ということもないだろう。
今はとりあえず症状の回復を祈るばかりだ。

鶴は千年亀は万年キノは百年。

100歳まであと9年は生きてもらわないと!


近況報告 そのXX


いったい何回目か忘れてしまった近況報告。
このブログ、噂では最近我が家の安否確認板になっているとかいないとか…。
というわけで親戚の皆様、新寺町の近況報告、始めますよ(笑)。

今月は公私ともに何かと気忙しい日が続いていて、頭の回転も追いつかないぐらいバタバタしております。ちなみにこのバタバタは今月末、いや来月上旬、じゃなくて年内一杯続きそうな予感でございまして、引き続き非常に間延びしたブログ更新になるかもしれませんが、何とぞご寛容を(上京の際、いろいろネタを見つけて画像投稿しようとは考えていますけどね)。9月以来、まさに光陰矢のごとしです。

先週、欠礼はがきを出しました。基本的には年賀状をいただいている方ばかりにお出ししていますので、「うちに来てないぞ!」という方には申し訳ございませんが、この場をお借りしてご容赦ください。
喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます。
本年中に頂戴いたしましたご厚誼に深く御礼申し上げますと共に明年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。

で、延び延びになっていた父の位牌(!)をやっと発注しました。ほんとであれば四十九日までに用意すべきものらしいのですが、結局百箇日に間に合わせる格好になってしまいました。オトン、ごめん(苦笑)。
ところが、実に立派な戒名をつけていただいたが為に、一番大きな位牌を頼まなければならなくなってしまいました。というのも、お店の方がお寺へ確認をしたところ、「回忌毎のお札の大きさが一番大きくなるので、小さいのだとまずい」のだそうです。というわけで、結局最後はお寺様の指示により位牌が決まったということで、まぁこれはこれでよかった…のかな?

続きを読む



今年はいつも以上に早く冬がやってきたようです。
昨晩未明から降り出した雪は、今朝の時点で3センチほど積もっていました(ただし弘前では)。
昼の時点では10センチ程度だった積雪も、午後になるとどんどん増え、すでに20センチを超えたようです。
午後3時過ぎには気温も氷点下となり、本当に真冬みたいな天気です。

明日の朝は5時に起きて、家の前の雪かきをしなければならないようです。
去年まで一緒に雪かきしていた父は、もういません。
降り続く雪を見ていたら、なんだか無性に寂しさがこみ上げてきました。