日別アーカイブ: 2004-07-15

今度はハナが…


パソコンの調子が悪いのに引き続き、今度はうちのハナ(雑種・3歳♀、写真はPhotoblog参照)が、腸炎を起こしていました。ここ最近、時折血便が混じり、怪しいとは思っていたのですが、しばらく放置していたのが災いし、かなり酷い状況だったようです。病院に行った日は、僕が出張した日でもありました。病院では注射を2本打たれて帰ってきたとのこと。ハナは元来神経質で臆病者なので、病院の先生が注射するにも一苦労だったそうです。
帰宅後、普段は犬のくせに「抱っこ」されることを拒み続けるハナですが、この日ばかりは相当ショックだったのか、家人みんなに代わる代わる抱っこされたいと、甘えてきたそうです。
モモ(ポメラニアン・3歳♀)が来てから、確かに愛情の注ぎ方が、ハナ中心からモモ中心にシフトしたような気がします。そのことが、ハナにとってストレスとなり、それがずっと蓄積されていたのかも知れません。最近の変化(血便然り、極度の脱毛然り)に気づいてやれなかった、いや、気づいていながら放置した、飼い主である我々の責任であることは間違いないでしょう。出張から帰ると、家の人たちはハナもモモも分け隔てなく可愛がっていました。たった1日家を空けただけですが、結構凄い変化でした。
ペットの面倒を見るということに一石を投じられた、そんな事件でした。