日別アーカイブ: 2007-03-22

父の一言


普段は極力ここで家族のことは書かないことにしているんだけど、今日はちょっとだけ父のことを書こうと思う。といいつつ、去年の4月にも父のことを書いてたな(笑)。

4年前、みんなが涙に暮れた「あの出来事」があって以降、何となく家族それぞれのベクトルがバラバラで、みんなが物凄く我が儘で好き勝手やるようになって、それがまた家族の不協和音を呼んだりと、思い返せば何かと大変な4年間だった、と思う。

それがここに来て、徐々にではあるけれど、みんながまた同じ方向を向こうとしている、ような気がする(いや、向かなければならないのだ)。
その中心にあるのは、紛れもなく父である。
「あの日」以来、普通の人間以下まで落ち込んだ父。這い上がるまでの4年という日々の実に長かったこと!

実はそんな父の一言一言というのは、僕の人生の岐路において大なる影響を与えていることは、否定できない事実だ。

続きを読む