日別アーカイブ: 2016-07-28

ねえGarmin、こっち向いて


2011年からかれこれ5年間にわたりお世話になってきた Nike+ SportsWatch GPS。発売当初、そのクールなデザインに一目惚れし、3万円の大金を叩いて購入。このアイテムを身につけて走ることの爽快感というか優越感というか、何ともいえぬ心地よさに心酔しまくっていたのですが、1台目、2台目と相次いで雨にやられ、敢えなく不燃ゴミへと消えました。
中でも一番酷かったのが1台目で、明日大会があるんだよ、という前日に成仏するというとんでもない事態が発生し、翌日の大会を時計なしで走り、結果散々な目に遭った、ということがありました。(ちなみにその時の大会は平川市の「たけのこマラソン(ハーフ)」でした。)
1台目が故障したその日のうちにすぐ2台目を注文(2万5千円を切るところまで値段が下がっていましたが、評価もどんどん下がっていました…)したのですが、その理由は二つ。一つは、使い慣れているから。そしてもう一つは、Nike+でログを取り続けたいから。

しかし、ランニングの女神はまたしても試練を与えます。
懲りずに購入した2台目も、梅雨時期に行った30kmLSDの際に、湿った空気と雨にやられ、あっという間に文字盤の内側が曇りはじめ、ドライヤーで乾かすなどの必死の抵抗をしましたが、程なく成仏。ふざけんじゃねーよ。

こう言えば販売元に怒られるかも知れませんが、時計の裏側を見ると、恐ろしいほど造りが粗雑で、防水機能なんてほとんどなし。レビューにもあるように雨だけじゃなくちょっとの汗であっという間にやられるな、ということを確信したのもこの時でした。

しかし何を思ったのか、よせばいいのにうっかり3台目を購入し、現在に至るわけですが、この3台目については購入から1年以上が経過しても全然大丈夫…。
水や汗に注意しながら、しっかりケアすればいいだけの話なんだよねー…と高笑いしていたのですが、ここ最近、肝心の距離が不正確に計測されるという事態が生じ始めています。
水や汗じゃなくても、冷や汗が出ますって、これ。
距離が不正確なので、1キロ毎のラップも適当。「ええっ!そんなはずないのに!」といった表示をする頻度もどんどん増えてきました。

これまでの間、他社では次から次へと性能の向上したGPS搭載の時計を発表しているのに、Nike+のこの時計だけはまるでモデルチェンジすることもなく、ここ最近では何だか「化石」を身に付けて走っているような気分に苛まれ始めていました。
…嗚呼、初めてこの時計を身に付けた時のあの高揚感は、どこに行ってしまったのでしょう。

大体にして、腕につけると重い、データの取り込みはUSB必須、水に弱い…。よって、2年持った例がない…って、いいところが一つもないみたいじゃないですか!

正直こうなると、何がいいのかよくわからないし、走っていてもテンションが上がらないわけですよ。だって、正しい距離は示されないわラップは適当でウソつくわで、全然練習にならないんですから。

いや、この際だからハッキリ言わせて頂きましょう。
Nike+ SportsWatch GPSは、もはや時代遅れの代物です。…というか、このアイテムにはTomTomが絡んでいるんですが、NikeにはもはやGPS時計に本腰を入れるつもりなんてないんでしょうね、きっと。

それを裏付けるというわけではありませんが、ここ最近は、Nike+Runningじゃなくともランニングのログを記録できる色んなポータルサイトが出現しています。それでもNike+にこだわるとすれば、これまで走り続けた結果、6,126.12キロまで達したブラックレベルの証だけでしょうか…といってもこれ、意図せず反映されなかったデータ、意図して反映させなかったデータがあるため、ホントはもう少し走っているんですけどね。

ただ、このNike+のWebサイトも更新される度に使い勝手がどんどん悪くなっているような気がするのは僕だけでしょうか。というか、スマートフォンのアプリだけ力入れてればいいって感じですかね?その割には、ちゃんと走行データが反映されないしさあ、何なのホントに?

数年前までは何人か見受けられたNike+ SportsWatch GPSユーザーも、僕の周りで所持している方はほとんど見かけなくなり、逆にすこぶる評判の高いGarminユーザーがどんどん増えていきました。まあ、Garminの悪い点を挙げるとするならば、モデルチェンジの頻度が早いことですかねえ。

1年以上前からNike+とGarminとの連携ができるようになり、皆さんそちらからNike+にデータを移行しているのだそうで。いや、それだって僕、知っていたんですよ。
知っていたんですけどね、まだちゃんと動くNike+ SportsWatch GPSがあったから、ほら…。
しかし、さすがにGPSの機能がアホになってしまうと、Nike+ SportsWatch GPSにこだわるのがアホらしくなり、やっと決別する腹を決めました。だって、GPS機能を搭載した時計なのにGPSが機能しないなんて、寿司にシャリがないようなもんじゃないですか。そして。

まかなえ は あたらしいぶきをてにいれた。

昨日やって来た新しい相棒は、「Garmin ForeAthlete 230J」。

IMG_20160728_065919
ちょうど1か月後に迫った北海道マラソンを皮切りに、レースでデビューする予定です。あ、その前に練習で使いますけどね。
しかし装着してみると軽いですなあ…。スマートフォンのバッテリーはそれなりに食うことにはなりますが、Bluetoothで連携することができるし、ライフログも取れるし、メールや電話、更にはメッセージの着信まで教えてくれるし、色んな機能があるのですね。

Nike+ SportsWatch GPSも、普段使いできるといえばできますけれど、汎用性の高さではGarminの圧勝ですね。

しかし、Garminの時計の設定の時点で躓いているぐらいなので(夜に外に出て、時計を夜空にかざすとは思わなかったっす)、これから先うまく使いこなすことができるのかが思いやられますが、早く使いこなせるように、使う場面をたくさん作りたいと思いまーす。