日別アーカイブ: 2005-02-11

久しぶりのPrinceネタ


今年も確定申告の時期がやってきたが、日本のトップ・シンガーもさることながら、世界のビッグ・アーティストの年収は桁違いだ。先日、Rolling Stone誌が発表した’04年音楽アーティスト収入ランキングで、プリンスが1位を獲得した。
リストでは上位50位までが発表されている。CNNなどによれば、プリンスは米国でのツアー収益が順調だったほか、CDの製造コストを抑えることに成功し、それぞれの活動で高い利益を上げたという。昨年リリースした『MUSICOLOGY』はプラチナを獲得している。同誌は長年シーンから遠ざかっていた彼が“センター・ステージに戻ってきた”と伝えた。
2位が世界ツアーの収益で1位を獲得したマドンナだった。彼女はツアーで莫大な収益をあげたものの、費用がかかりすぎたためにプリンスに及ばなかった。マドンナはまた『The English Roses/イングリッシュ・ローズィーズ』『Mr. Peabody’s Apple/ピーバディ先生のリンゴ』ほかの児童書からも収入がある。3位には新旧アルバムの売り上げに加え、長期間な世界ツアーを行なったメタリカが入った。

Yahoo!のトピックスにPrinceの名前を見つけたのはとても久しぶりだったんですが、この記事には「やっぱりな…」という反面少し驚きました。2位のMadonnaさんとは僅差でしたが、彼女はアルバムを発表していませんので、ツアーだけで稼いだことになりますが、記事にもあるとおり、コストがかかりすぎた、というのがミソでしょうか。さらにMadonnaさんは副業での稼ぎもあるわけですが、Princeは純粋に音楽一筋で稼いだ、ということになるのでしょうか。凄いね。ちょっとビックリ。