日別アーカイブ: 2004-12-08

一場靖弘という男に苦言を


何としても獲得を目指す複数の球団関係者から、スカウト活動の一環として金銭を授受していたとして、プロ野球界を震撼させた「一場騒動」。
この時点で一場は、普通であればプロ野球、いや野球そのものから身を引くべきであったと考えるが、結果として関係した球団オーナーが辞任に追い込まれる中、本人は一応反省した素振りを見せながらも「プロ野球で活躍の場を」などと訴え、まさに自分本位の「自己チュー」的な人間ぶりが垣間見えた。通常で考えれば、野球界そのものから永久追放されても何の不思議もないのだ。
ところが、設立間もないために選手層が手薄な楽天と、「プロ野球で活躍を」という一場の思惑が見事に合致し、楽天はあれよあれよの間に自由獲得枠で一場を指名してしまった。
球団は「エース級の逸材」と獲得を喜んだが、まだ球団で実戦すら積んでいない一新人選手が、今度は球団社長や監督を横にしながら、「小さいころから日本で活躍し、メジャーリーグに挑戦するというのが夢でした。楽天で結果を残してメジャーリーグに挑戦できたらいいと思っています」と嘯いたという。

続きを読む