投稿者「のんべ」のアーカイブ

のんべ について

1971(昭和46)年 青森県生まれ。弘前市在住の青森県職員。 プリンスとビールと豆腐とラーメンを愛する。安いカメラでいかに安っぽくない写真を撮影するかに興味あり。 ブログの内容の多くは、いつの間にか趣味となった「走ること」がメインです。

エレカシ・宮本浩次が唄う、おんな唄 #宮本浩次 #ROMANCE


エレファントカシマシのボーカルを務める宮本浩次が初のソロアルバムを発表したのが今年3月。繊細さ2割その他1割といった内容で、残りの7割を占めていたのは、圧倒的な「勢い」だった。横山健のギターが暴れる曲、スカパラや椎名林檎との共演作、更には俳優の高橋一生への提供曲など、ソロ名義で最初のアルバムなのに、ベスト盤の様相を呈している!と個人的には思ったぐらい。(というレビューを前回投稿している。)

新型コロナウイルスの感染拡大により全国に緊急事態宣言が出された時期、それは宮本にとって初となるソロでの全国ツアーを開催する時期と重なった。結局ツアーは中止となり、恐らく観客を圧倒していたであろうステージが日の目を見ることはなくなってしまった。

更に、6月12日のバースデーライブも「作業場」での開催となり、オンラインでの配信そしてWOWOWでの放送と相成った。ちなみにこのライブの完全版は、先に発売された「P.S. I love you」の12cmシングルの初回限定盤にDVDが同梱されており、こちらも入手困難となっているようだ。(この作品も面白いので、12月30日のWOWOWでの再放送をご覧いただき、興味が湧いたら是非購入してみてください。今回のアルバムに繋がる伏線もあります。)

さて、その「作業場」でも制作が進められたというアルバム、僅か8か月というインターバルでの発表の充分驚きに値するところだが、全曲カバー、それも全て女性アーティストの楽曲という構成で、昭和から平成にかけて、いわゆる歌謡曲からポップナンバーまで、かなり幅広い選曲になっている。そんなアルバムのタイトルは、「ROMANCE」。ほぼすべての楽曲のプロデュースを小林武史が務めている。

【作品紹介】
信頼する人たちと厳選と研鑽を重ね、カバーアルバムは形となっていった。
収められた楽曲のオリジナルは、すべて女性が歌った楽曲。
1リスナーだった少年時代の宮本が親しんだ楽曲から、今回新たに出会った楽曲までも含むが、いずれも宮本が愛してやまない楽曲が揃った。
オリジナルの歌に最大限のリスペクトを払いながら、1曲1曲を歌い込んだこのカバーアルバムは、宮本浩次のもつ歌い手としての力、魅力が、最大限に発揮されたものとなり、プロデューサー陣のアレンジ、ミュージシャンの演奏と相まって、カバーアルバムの最高峰と呼べる作品となっている。

続きを読む


#ビート詩人 #佐野元春 の放つ日本語の煌めき


今年デビュー40周年を迎えた佐野元春が所属していた2つのレコード会社からベスト盤が同時発表された。1つはデビューから長年所属していたソニーミュージック(当時はエピック・ソニー)から3枚組、もう1つは現在所属するデイジーミュージックから2枚組というボリューム。

前者については、これまで幾つかのベスト盤が発表されている中での「40周年記念盤」とのことだが、正直「またか…。」という思いが巡るのも事実。それでも実は、まだ網羅されていない「隙間」があることを知らされることに。

「デンデゲデンデゲデンデゲ…♪」と始まる「アンジェリーナ」なんて、自分の所有する何枚のCDに収録されているのかな、というぐらい聴いているし、その他の楽曲も然り。

とはいえ今回(も)リマスターやらミックスやらが施されており、低音部が少し強調されたそれらの楽曲は、今まで聴いていた同じ楽曲とは異なる側面が引き出されている。まさに今改めて聴いても全く古さを感じさせない仕上がり、といって良いだろう。ただし、原発問題を取り上げ、国の政策を痛烈に批判する「警告どおり、計画どおり」は今回も収録されず。この曲に関しては、40周年を飾るには似つかわしくない、という判断だろうか。そしてもう1曲、手塚治虫生誕70周年のトリビュート盤に収録され、シングルとしても発表された「僕は愚かな人類の子供だった」。ポエトリー・リーディングという独特かつ異色な作品だが、こちらも収録されず。いずれの楽曲も、40周年のキャリアを振り返る上では非常に重要なのではないかと思うんだけどな。

もう1つの作品であるデイジーミュージック盤、こちらは移籍後に発表した4枚のオリジナルアルバムから、デジタル限定配信を含むシングルのみならずライブでも人気の高い楽曲を満遍なく選曲している。

ただし、新曲1曲を含むとはいえ、僅か4枚のアルバムから2枚組のベスト盤はちょっと無理があったのではないかという気がするし、直近で言えばデジタル配信された「愛は分母」、この曲が収録されなかったのが個人的にはかなり残念。ついでにいえば、雪村いずみとコラボレーションした「トーキョー・シック」も収録して欲しかった、かな。

ちなみに、こちらのベスト盤もリマスターが施されており、より音域がクリアになりそして広がりを持った感じ。まあ、40周年だからこれで良しとしよう。参考までに、この2作をシャッフルして聴いてみると、世代を感じさせない、全く違和感のない仕上がりになっているということ自体が実は凄い、と個人的には思った。

続きを読む


Sign O’ The Timesのスーデラ盤に関して思ったこと #Prince #SOTT


プリンスが旅立ってから4年が過ぎた。この間、彼の遺した数々(というには足りないぐらい余りあるぐらいの)作品にまつわるすったもんだの末、思いがけず我々ファンはその遺作のほんの一部に触れる機会を得た。もしも存命であれば、こんな形で作品になることはないであろう数々の作品。決して我々の手に届くはずのないであろうそれらを耳にするたびに、ちょっと複雑な心境に苛まれる。

ピアノで即興を興じたデモテープを集めたような「Piano & A Microphone 1983」、そして彼が他のアーティストへ提供した楽曲のオリジナルバージョンを集めた「Originals」。更には、デラックス盤と称して発表された過去のアルバムのリマスター盤に収められた未発表曲の数々。その中には、海賊盤で耳にしたことのある曲もある一方で、全く聴いたことのない曲も多数あった。

プリンスといえば「Purple Rain」が代表作として知られているが、今回、彼のキャリアの中で最高傑作とも評されている「Sign O’ The Times」のリマスター盤が発売されることとなり、その内容にファンが騒然となった。

もともと2枚組のアルバムだったのだが、そのリマスター盤はもとより、シングル・バージョンとカップリングや12インチ盤の楽曲を収めた1枚、更には未発表曲を収録したCDが3枚、そして未発表のライブの模様を収録した2枚のCDと、CDだけで計8枚、これにDVD1枚を同梱した、完全生産限定の「Super Deluxe Edition」(デラックス盤)を発売するとアナウンスされたのだ。

税込19,800円という高額商品ながら、ファンとしてはこのアイテムはマストバイである。躊躇することなく予約を終え、発売される日を待ち続けた。

続きを読む