日別アーカイブ: 2009-02-24

繁忙期


気がついたら、人為的なミスにより電車に閉じこめらたという悪夢のような出来事から1週間も経っていた。

(ちなみにあの出来事の顛末)

奥羽線信号機トラブルは人為ミス

十七日午前八時ごろ、JR青森駅構内で信号機トラブルが発生した問題で、トラブルの原因が、信号への入力を誤ったことによる人為的ミスだったことが同日、分かった。このトラブルで、ホームから数百メートル手前で停止した快速列車の乗客約六百人が約二時間車内に閉じこめられるなど、計約千八百人に影響した。

この時期は年度末が近づいているということでいろいろ忙しく、時間が経つのは本当にあっという間である。それにしても今月のブログ更新は、ブログを立ち上げてから最低の頻度になってしまった。
事実、いろいろネタにしたいことはあるのだけれど、何せそれをまとめ上げる余裕がない、というのが現状だ。

先月下旬から、副社長がこちらの制止も聞かずに放言を始め、挙げ句の果てには某大臣(辞めたあの人ではない)の読み物の資料をわずか2時間で作れという無謀な要求があったりと、いろんな意味で振り回され続けた1ヶ月。いやむしろ、自分にとって鍛錬になったんだと前向きに言い聞かせているが、思い返せば本当に壮絶な日々だった。

大体この時期は、多忙な上に季節の変わり目も近いということで体調を崩すのが常なのだが、気が張っているのか、今のところ慢性的な疲労以外に変調を来していない。よくもまあ風邪もひかずにやっているものだ、と自画自賛したくなる。

どうでもいいことだが、先週金曜日は、台風並みに発達した低気圧からの暴風雪の影響で、僕が帰路に就いた数時間後の電車からダイヤが大幅に乱れ、帰宅が夜中の2時3時になってしまった人もいたらしい。先週は今週以上に多忙を極めていたが、あの日金曜日の選択だけは間違いじゃなかった、と安堵した。

さて、今週末からは、いわゆる「先生との論争」がスタートする。副社長も放言しまくったという例の定額給付金のせいで、自ら多忙に追い込んでしまったようなものだけれど、今回はいつになく先生の「突っ込み」が多い。

この職場に来て、今年で2年目となる。過去の前例からすると、今の仕事を3年続けてやった人はいないそうだ。
ちなみに前の職場でも同じことを言われ、2年目の2月から引継書をせっせと作ってみたが、蓋を開けたら異動にはならず、前例にない3年目突入、ということがあった。

ま、多分少しぐらいは仕事の内容が変わるんだろうけど、来月中旬にはどうなるかがハッキリするわけで。
それとも、職場そのものが変わってしまうのかな。まぁ、ホームグラウンドを失った身としては、どこに異動になっても不思議はないわけで。
あ、少なくとも県外は、ナシですが…。

というわけでそろそろ引継書も作らなきゃならないし(笑)、しばし間延びした更新が続きますが、ご容赦を。

それと…諸般の事情(エラーが発生したこととイタズラが多くなったため)で、投票ボタンを取り外しました。これまでご愛顧頂き、ありがとうございました。今後はコメントボックスをご活用くださいませ。