日別アーカイブ: 2013-01-29

さようなら、41歳。こんにちは、42歳。


私事ではありますが、今日1月29日で42歳となりました。

さすがにこの年代になると、誕生日を迎えてもそんなに嬉しさがこみ上げてくるわけでもなく、むしろ馬齢を重ねていくことへの寂しさの方が強い、というのが正直なところ。でも、色んな方から「おめでとう」と声を掛けていただくのはやっぱりちょっと嬉しいものですね。特にFacebookのタイムラインが「おめでとう」のメッセージで溢れかえっているのは、圧巻でした。幼なじみに畏友、同級生、きょうだい、よくお目にかかる方々、数回しかお会いしたことのない方、まだ一度もお会いしたことのない方…去年も凄いと思ったけど、今年はそれ以上に凄かった!皆さん、本当にありがとうございます。

未だ戸惑ってばかりの42歳。41年間も駆けずり回ってきたのに、実は全然軸が定まっていないし、相変わらず地に足が着いていないような日々。
走るってことは、一瞬の空中浮遊の連続だけど、駆けずり回ると走るでは、ちょっと意味が違いますね。…あ、これって浮き足立っているってことかしら?

さてこの年代は、一番脂の乗った時期だということをよく耳にします。いろんなことをバリバリこなす年代だって…。

でも、一歩引いて自分はどうかと見てみたときに、正直言って「バリバリ」というよりは「フニャフニャ」。
特にここ最近は、僕の周囲の同年代の人たちの活躍が本当にめざましく、何か自分は蚊帳の外というか、そういう後ろめたさがあったりするのも事実。

過去は振り返らないといいつつ、自分が輝いていた頃の過去にすがろうとしている自分。ああ、情けない…。

そういった意味では、脂の乗った時期とはいいながら実情は全然違っていて、それはまさに自分の衰え始めた身体のことだけを指すのかも知れません。事実、冬場に入ってかなり脂が乗ってますから…早い話が、メタボってヤツです。

20年前、前例踏襲を基本とする仕事に就き、仕事を進めていく中で、そればかりが全てではない、前例がないものは自分が作ればいいし、道は自ずと開けてくる、いや、自分で切り開くものだ…なんてことをいい気になって考えたこともありました。しかし、いざ蓋を開けてみると、実際は引かれたレールの上に安住しているんじゃないか、道を開くなんて詭弁じゃないか…なんてことを自戒の念を込めて思うことがあります。
ただ、業務によっては、まるで前例のない業務というものもあります。そういう意味では、3年前から取り組んでいる現在の業務というのは、それほど前例にとらわれることがない(というか前例がなかった)こともあって、僕の中ではかなり「やりがいのある」仕事だと感じています。無駄に馬齢を重ねているとはいえ、こればかりは待ったなしで更に磨きをかけることが求められますので、いつでも地面を蹴り出すことができるように、蹄鉄だけは常に磨いておきたいと思います。

42歳ということは、もう人生の折り返し地点をとっくに過ぎてしまったのかも知れませんし、実は42.195歳がゴールかも知れません。でも、こればかりは誰にもわからないんですよね。

父の人生に準えちゃいけないと思いつつも、父に準えてしまうと、もう3分の2か…なんてことをついつい考えてしまうわけです。
そんな父は僕にとって憧れでありつつ、反面教師でもありました。一生かかっても追いつき追い越すことのできない存在。せめてそんな父よりは長生きしたいところです。その年齢までは、あと20年近くもあるけど(笑)。

父の見倣わなければならないところ、見倣わなくてもいいところ、その取捨選択をしつつ、いい加減「マガのセガレ」という肩書きを下ろせるよう、ちょっとだけ頑張ってみます。

…ああ、すいません。また父の話をしてしまいました。

こういうことを自分で言うのも変な話なのですが、僕って相当いい加減なのかも知れません。いい加減というか、適当。でも、高田純次にはなれるはずもないし、そんなの誰も求めてない。自分の存在が何なのかさえ、わからず震えている42歳。理想の人間像すら浮かばない42歳。もう一度自分自身と対峙して、自分をしっかりと見つめ直さなければならないのかも知れません。
相変わらずまとまりのないこんな私ではありますが、どうぞ今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

で。今年は後厄なんですが、お祓いは行きません。前厄のお祓いもしてないので。
…まずは免許の更新に行かないと(笑)。

…って、やっぱりまとまってないな。