日別アーカイブ: 2005-03-21

2005.03.19 角松敏生 ぱ・る・るプラザ青森


正式なツアータイトルは、「TOSHIKI KADOMATSU & His Friends Performance 2004〜2005 ”Fankacoustics★Solid & Elastic TOUR”〜ALLOVER JAPAN もう一度…〜 Elastic Side」。長いっすね(笑)。会場によってメンバーやスタイルを変え、“Solid Side”と“Elastic Side”に分けたステージを全都道府県で行っているということで、非常に長丁場なツアーとなっています。しかも、中にはライブハウスで行う県もあるんだとか。
それでも、青森の会場はホールでした。会場のぱ・る・るプラザ青森は、収容人数が約1,000人。「人が入るか心配」などと私は言っていましたが、いざ始まってみると座席は9割9分埋まっており、2階もほとんど満員に近い状態でした。前回のツアーで、約2,000人の収容人員に半分そこそこという入り、しかも2階はほとんどが空席という「玉砕」を味わっている角松氏は、「正直ナメていた」らしいですが(笑)。
肝心の内容は、あんまり書くとネタばれになってしまうので控えたいと思いますが、非常にシンプルなセット構成、そしてアコースティックかつ(予想通り)非常にベースの効いたサウンドが展開されました。ステージ上には、アコースティックギターを中心に7〜8本のギターが並んでいました。ちなみに私は前から4列目で、ほぼセンター寄りという非常に好ポジションだったのですが、最後尾でも十分ステージが見渡せるというこぢんまりとした会場でしたので、恐らくこの日ライブを堪能したほとんどのお客さんは、非常に満足度が高かったのではないかと思います。
年齢層は若干高めといった感じ。ただ、私の前には、還暦を過ぎたと思しきおばあさんがいたり、横の方にはまだ小学生と思しき男の子が(それも2人も)いたりと、非常に幅広い客層でした。

続きを読む