偶然ではなく、必然となりつつある災害


8月3日から断続的に発生した大雨により、青森県内では各地で大きな被害が発生しています。また、秋田、山形、新潟の各県でも甚大な被害が発生したほか、そのほかの地域でも被害が発生しました。このたびの大雨で被災された皆様方に、心よりお見舞い申し上げます。

前の職場では県民の方々に直接お話しさせて頂く研修や出前トークといった機会が何度かあり、その都度「青森県に大きな災害が起こらないのはなぜだか分かりますか?それは、単なる偶然です。」と説明していた。

会場からは時折小さな笑い声も聞こえていたが、昨年の夏、本当に偶然であることが下北半島で発生した災害で立証され、更にそれから1年経った今年も、再び災禍に見舞われることとなった。

昨年そして今回の大雨災害に共通することがあるとすれば、いずれも台風から変わった低気圧によってもたらされたものであるということだろうか。

台風のまま接近するのであれば、向こう何時間後の予想位置や勢力が気象庁のホームページなどで明らかにされており、それなりの予測を立てることもできるが、厄介なのは、台風から変わった温帯低気圧や熱帯低気圧は、ただの低気圧ということで、具体的な予想位置や勢力がわからなくなってしまう。結果、気付いたら既に時遅し、といったケースも散見され、特に今回は、大雨や洪水警報の発表と土砂災害警戒情報の発表が間髪入れずに続き、あっという間に溢水、冠水、氾濫してしまったような気がする。

弘前市で冠水したりんご園は、河川敷地の中にあるため、そもそも浸水想定がされていない。

今年の梅雨は東北北部を除いて非常に短期間であったが、その後になって梅雨前線のような停滞前線が現れたり、それがまた西日本に梅雨明け末期を彷彿させるような大雨をもたらしたり、「梅雨」がないはずの北海道で大きな被害が発生したり、これまで南太平洋で発生していた台風が日本近海で相次いで発生したり、とにかく気候変動が顕著になってきている雰囲気。「梅雨」そのものの認識を改める時期に差し掛かっているような気がするし、個人的には夏だけではなく冬の豪雪にも最大限警戒したいところだ。

県内で人的被害がなかったことだけは本当に不幸中の幸いだが、一方で、交通網をはじめとする各種インフラは相当なダメージを負ってしまった。

青森県内で依然として停電している地域では、送電設備が酷くやられているらしく、更に、そこに通じる道路も通行できないため、復旧まではかなりの時間(1ヶ月2ヶ月というレベルではない模様)を要する見通し。

更に、国道を含む複数の道路が土砂の流入などによって通行止めになっているし、青森県から県境を越えた秋田県内の東北自動車道でも大規模な土砂流入があり、こちらも復旧に時間を要しそうな雰囲気だ。

広範囲にわたる被害というよりは、ピンポイントで局所的な被害、それも、半島の先や沿岸部、更にはひとたび災害に見舞われると復旧まで時間を要するようなエリアで災害が起きてしまった、という感じがある。

ここしばらくは、少しの雨でも再び災害が発生する可能性も秘めている。現に、雨がやみ、警報が解除されてしばらくしてから、十和田湖周辺の国道で大規模な土砂崩れが確認されており、当面の間は気が休まらない日が続きそうだが、ともあれまずは、被災された方々が一日も早く元の生活に戻ることができることを願うばかりだ。

もう一つ気がかりなことがある。

続きを読む


【新作聴いてます】『今、何処』 佐野元春&ザ・コヨーテバンド


昨日のこと、元首相が狙撃され、命を落とすという痛ましい事件が発生した。世界情勢は不安定の一途を辿っていると思っていたが、国内においてこうした事件が起こること自体が信じられず、何度も繰り返し見せられているものが、映画ではなく現実なのだと考えただけで身震いがし、思わずテレビのスイッチを切った。

このご時世において、音楽を通じて社会に警鐘を鳴らす国内のミュージシャンは、どれぐらいいるだろう。ラップやヒップホップ系の表現者も結構過激に(しかも、どちらかといえば偏向気味に)社会批判を繰り返しているようにも思えるが、僕が知る限りだと、70年代のフォークソングには音楽を武器にして社会の不条理を訴えていたものが結構あったような気がするし、その潮流は、80年代以降に活躍し、今もなお名を馳せるアーティストたちに脈々と受け継がれているような気がする。佐野元春はもちろん、桑田佳祐、(故)忌野清志郎、山下達郎などは、時として思わずドキッとさせられるような痛烈な社会批判や世相、時事、政治社会への皮肉、鋭い指摘をぶつけることがあると僕は思っている。その一方で、今回のようなおぞましい事態が起きてしまった今こそ、人々の不安を少しでも和らげ、不安定な状況を安定な方向に導く「言葉」、それは音楽であり文芸であり、が、とても重要なんじゃないかとも思っている。時として「言葉」は人を傷つけ、暴力となることもある。一方で、深いやさしさ、慈しみを持つのも言葉だと思う。好き嫌い様々あるのは仕方がないこと。でも力でねじ伏せる、それも銃器を使ってまで言論を封じ込めるということには、憤りしか出てこない。

またしても前置きが長くなった。

佐野元春の歌詞に魅了されてから長い時間が経つが、今回発表された『今、何処(Where Are You Now)』の歌詞も、相当奥深い。歌詞だけではなく、音も。いや、そんな「奥深い」なんていう単純な一言で済まされるものではないぐらい、重厚な内容となっている。

3月に有料生配信された WEB番組「元春TV SHOW」 では、春と夏にアルバムを立て続けに発表すると公表された。僕もその時の番組を観ていたが、春には10曲で構成された配信限定のアルバムを1タイトル、また7月上旬には14曲で構成されたもう1タイトルの新作アルバムを”パッケージと配信”でリリースするとのことだった。

その時は「7月のアルバムは2枚組になる予定とか?」という振りに「いや、そうじゃない。14曲で構成されたアルバムで、2枚組ではない。」ときっぱりと否定した元春。

しかし、蓋を開けてみると、配信限定だった4月のアルバム『ENTERTAINMENT!』はCD化され、今回発表されたもう一枚のアルバム『今、何処(Where Are You Now)』に同梱された「初回限定デラックス盤」として発表された。

続きを読む


クロスオーバー・イレブンと「America」 #prince


2010年に制作されたにも関わらずお蔵入りとなり、昨年、突如発売されたPrinceのアルバム「Welcome 2 America」。発売直後に小恥ずかしいレビューじみた内容を投稿したが、そういえば僕がPrinceにのめり込むきっかけとなった曲のタイトルが「America」だった、ということを思い出しながら、ふと感慨に耽っていた。

Princeの名声と地位を確固たるものとしたアルバム「Purple Rain」の次に発表されたアルバム「Around The World In A Day」に収録され、85年にシングルカットされた「America」は、12インチの曲の長さが21分を超えるということで有名。曲調はといえば、延々と同じループが続き、そこにギターをはじめ色んな音が少しずつ被さるというもので、単調といえば単調なのだが、個人的には不思議なことにずっと聞いていられる音なのだ。

シングルのジャケットを飾るのは、アルバムジャケットの裏面に登場していた少年

続きを読む