【共助を考える】共に支え合うのは、誰だ。


3つの観点から防災を考えようと思いついた第三回目。【共助】の今回が最終回。

防災分野と社会福祉分野では、「共助」の取扱、認識が異なるようだ。

社会福祉分野における「共助」は、制度化された相互扶助、社会保険制度などを指し、「互助」とは家族や友人などの助け合い、ボランティア活動、地域住民の活動を位置付けている。

防災分野では、社会福祉分野において「互助」として位置付けている内容を「共助」としており、防災分野で「互助」というワードが出てくることは、あまりない。

ところで。
「持続可能な社会づくり」とはいうが、人力でやれることには限りが出てくる。

これから先、国内各地で人口減少が加速化することで「自助」「共助」「公助」いずれの機能も低下の途を辿ることになるだろう。

人口減少社会において、防災対策そして危機管理対策として何ができるのか、何をすべきなのか、真剣に考えなければならない時期に差し掛かっているものと思われる。

そのような中にあって、恐らく今後の災害対応においては、「共助」が最も重要視されるのではないかと個人的には思っている。

理由は、以下のとおり自助、公助の取組が衰退化していくと思われるからだ。

・「自助」:人口減少や高齢化が進むにつれ、「自分で自分の身を守る」ことができなくなる人たちが増加。結果的に、「自助」に取り組める人と取り組めない人が二分化する。

・「公助」:自助同様に人口減少や高齢化の煽りを受けること必至。現在も定年延長が図られるなか、職員の減少(さらに追い打ちをかけるかのごとく、中途退職者が増えている気がする)により、災害時の対応能力が低下し、その役割を十二分に果たせなくなる可能性が極めて高い。

更に、新たな公の担い手として、NPOをはじめとする様々な機関が登場している昨今、公の行政機関が何でもしてくれるという時代は終焉を迎えつつある。住民や生命や財産を守るため、最大限の努力を払っていることは理解して欲しいが、そろそろ公としてやれること、やれないことは明らかにした方がいいと思うし、やれない部分は民間の力に頼るというのは、当たり前だと思うのだが、どうも公の立場に身を置くと、色々考えさせられる場面がある。

そして、恐らく今後は「共助」の取組が更にクローズアップされていくことだろう。

例えば東日本大震災以降、住民らで組織された自主防災組織の取組が注目されている。町内会での避難訓練や炊き出し訓練、防災資機材の整備など、自主防災組織の取組は枚挙に暇がない。

続きを読む


【自助を考える】避難をしろ、とは言うものの。


2022年8月3日そして9日と相次いだ今回の大雨災害で特筆すべきことが一つ。
それは、県内各市町村での避難者が合計で最大で約1000人いたこと。
これまでは、警報や避難指示が出ようとも、避難する人は皆無で、多くてもせいぜい30名前後だった。

特に、弘前市だけで約250名の人が避難したという事実。少なくとも自分が防災関連の業務に携わるようになったここ5年では、聞いたことのない数だ。
それだけ身の危険を感じ、生命身体に危機が及ぶ可能性が高まっていると判断したことの裏返しだろう。

一方で、「この辺りはこれまで災害に見舞われたことがないから」と避難行動を起こさない人たちが大多数だったことも事実。

数年前までたびたび西日本を襲った洪水や浸水の被害が、本県をはじめ日本の各地で起こりうるということを自覚する必要がある。もはや災害発生のスキーム、規模が変わりつつあるというフェーズにあることを認識しなければならない。

口では「備えよ」とはいうが、何を備えればよいのか。そして、その「備え」はいつ、どのタイミングで活用されるべきなのか。今さらそんなことはもう分かっている、という内容ばかりかも知れないが、今回の災害を通じて感じたことを、つらつらと。
【鉄則】避難指示が出たら速やかに行動を開始せよ。

マイヘルメットと「あおもりおまもり手帳」

続きを読む


【公助を考える】自衛隊はすぐにはやってこない?


大規模な災害が発生すると、自衛隊の方々が被災地で活動する姿が報道される。それを見て、こういった認識を抱いている方も多いのではないだろうか。

のんべ
のんべ
 災害時は、自衛隊に応援を要請すればすぐに駆けつけてくれる。
 自衛隊は、住民が困っていることを何でも手伝ってくれる。
のんべ
のんべ
のんべ
のんべ
 家財の片付けに住民が苦労しているので、自衛隊を派遣するようお願いしたい。

首長や議員、幹部職員の中にこういった認識を持つ人が非常に多いのが実情と思われるし、住民の方々の多くも、自衛隊はスーパーマンのごとくやってきて、何でもやってくれるという認識を持たれているのではないだろうか。
しかしながら、自衛隊ほど組織としての指揮命令系統が確立されているところもなく、自衛隊に災害派遣を要請することは、決して容易なことではない。

平成30年9月に発生した北海道胆振東部地震の際、災害派遣で来ていた自衛隊車両。

そこで今日は、災害時における公助の一つとなっている、自衛隊の災害派遣に当たっての要件を今一度整理してみたい。少々堅苦しい内容になってしまうかもしれないが、結構大事なことなのでご容赦ください。

続きを読む