日別アーカイブ: 2009-09-09

温室ガス25%削減!?


9月19日から、「シルバーウィーク」なる5連休が始まる。ちょうどこの時期に合わせ、県外に出かけなければならない用事があり、熟考した結果、遅ればせながらようやくETCの購入に踏み切った。

もうすぐ政権交代が行われ、民主党はマニフェストの実現に向けた取組みに着手することだろう。
高速道路の無料化もその一つではあるが、最初から採算性の見込まれない地方路線から無料化に着手してみるものの、おそらく民主党が政権を担っている間に一部区間を除く全国の高速道路を全て無料化するというのは、困難ではないだろうか、というのが僕の勝手な推測だ。

さらに、追い打ちをかけるような耳を疑う発言。
先日鳩山代表は、2020年までに1990年比で温室ガス25%の削減目標を高々と打ち上げた。

鳩山・民主代表:「政策を総動員」 政権公約の温室ガス「25%減」で(毎日新聞 2009年9月7日)

 民主党の鳩山由紀夫代表は7日午後、東京都内で開かれた地球環境問題のシンポジウムであいさつし、マニフェスト(政権公約)で掲げた温室効果ガス削減目標「2020年までに90年比で25%減」について「あらゆる政策を総動員して実現を目指していかなければならない」と表明した。また、温室効果ガス削減に努める途上国に先進国が資金的・技術的に支援するための具体策を「鳩山イニシアチブ」と位置づけ、新内閣発足後ただちに検討を開始する意向を表明した。

これに伴う痛手は、全て国民が負担しなければならない。家計負担で36万円増との試算だそうだ。しかも、ようやく底を打ち始めた生産活動の足かせにもなりかねない発言に、産業界から猛反発を食らうのもごもっともである。さらに、この発言を受けて株価にはクッキリと明暗が…。

ETC通行料金1,000円均一であれだけの大渋滞を招いているのに、高速道路無料化するなんていうのもかなり大胆だと思ったが、温室ガス25%削減って、日本はどれだけ環境に優しい国なんだ?
高速道無料化そのものがエコに反している疑問が拭えないというのは、以前にも申し上げた通り。
その上、温室ガス削減目標達成のため、日本では生産活動全て停止、なんて事態にだってなりかねない。25%削減というのは、それだけ重みのある数値じゃないのだろうか。これじゃ、高断熱化住宅の建築はおそかエコカーの製造もままならねえじゃねえかよ。あ、そうか!全て海外で生産すればいいのか…って、日本国内からますます雇用の場を奪う気か?
これってなんか、全てが矛盾していませんか、ねぇ…。

さらにこの数値目標は、日本国内の住宅は全て高断熱化、車も全てエコカーになることを前提としているらしく、この不景気のご時世に、温室ガスの数値目標達成のためにわざわざ高断熱住宅にリフォームあるいは新築したり、エコカーに買い替えようなんて気前のいい人はどれだけいることか。

悪いけど僕は、その25%削減に協力するのは、ムリ。少なくとも僕にはそんな金、どこにもありません。

その前に、京都議定書の削減目標の達成具合はどうなってるんだろうか?それとも、京都議定書の削減目標も自公政権主導で進められたことだから、破棄しちゃうなんて言うんじゃないんでしょうね。
雲を掴むような目標を掲げる前に、それを説明してからにしていただけませんかねぇ、鳩山次期首相。

「国民の皆さん!皆さんの呼吸を7割程度に抑えれば、温室ガス削減に光明が見出せます!」

なーんてな。

ムムム…なんか早くも綻びの一端を見てしまったような気がするが、ホントに大丈夫なのだろうか、民主党政権は。

それとも、民主党もどこかの党と同じでやれ環境対策だ高断熱化促進のための助成だとか言いながら、またバラマキ政治を始めるつもりなのだろうか?その挙句、政権交代したとたん、不足する財源確保のためにも、消費税はやっぱり大増税、なんてオチが待ち構えているんじゃ…。ハッ!闇に葬られた国民福祉税の足音が聞こえるぞ…!!

民社国の連立政権が現実味を帯びてきた今日、単なる「思い出づくり」の政権に終わらないことを祈る。