タイム度外視の練習レース 第39回 #つくばマラソン (前編)


各地で相次ぐ大規模な災害。仕事柄、ここ数年は毎年のように何らかの災害対応をしなければならないという状況が続いている。練習不足の理由を仕事に押しつけるのはもってのほか、というのは重々承知だが、心身ともに疲労している中で、練習する気も起こらない、という日もあった。

実際、9月以降の練習量を月間の走行距離だけで見てみると、9月ですら150キロに及ばず、10月に至っては80キロ弱、11月も100キロ弱と、とてもではないがフルマラソンに出場するなんぞもってのほか、といった練習内容だった。10月の弘前・白神アップルマラソンでは、ペースランナーの分際で失速したのは先に投稿したとおりだったし、その直後に発生した台風19号を契機とする一連の災害では、本県の被害は大したことがなかったものの、東北地方でも福島県、宮城県、岩手県で大きな被害が発生し、その応援業務に追われることになってしまったことも、先に投稿してましたっけね。

そんな感じで、10月末に開催された「いわて盛岡シティマラソン」は応援業務で宮城県庁にいたため出場が叶わず(いや、出場しても散々な結果だったことでしょう)、今回のつくばマラソンもギリギリまで出場を悩んでいた、というのが本音。

結局今年は1月の勝田全国マラソン、8月の北海道マラソン以外、フルマラソンには出場していない。(ペースランナーを務めた弘前・白神アップルマラソンは別。)
昨年の状況を鑑みて、少し大会出場を自重したところもあったし、春にアキレス腱を痛めてしまったことも、結果として自分の士気を損ねる大きな要因となった。日頃のケアって、ホント大切。

実は昨年のつくばでギリギリのサブ3.5を辛うじてクリアしてから、一気にスランプに陥った感が否めず、その後約1年にわたってサブ3.5を達成していない。
この間、焦りがなかったといえばウソになる。しかし、マラソンは一夜漬けで何とかなるほど甘い物ではない、ということも重々承知。ということで今年のつくばマラソンでのサブ3.5は諦めることにして、まずは今自分がやれる最大のことをやってみよう、と気持ちを切り替えた。

そもそも今年は、30kmを越える練習をほとんどやっていないし、10月のアップルマラソン以降は、20kmを超える距離すらも走っていないという有り様。

だから、今年のつくばはまず結果度外視。30kmまでのペース走、それもキロ4分40秒という設定を組んでみることにした。
…いや、今の自分にはこれが限界なのですよ。両膝に痛みを抱え、未だにアキレス腱が疼き…ってまた言い訳になるのでやめます。

“タイム度外視の練習レース 第39回 #つくばマラソン (前編)” の続きを読む