月別アーカイブ: 2008年5月

大澤誉志幸の25周年


久しぶりにテレビで唄う彼の姿を観た。熱狂的なファン、という訳ではなかったが、「気になるアーティスト」の一人として、アルバムが発売されるとレンタル屋に走り(笑)、テープを何度も聴いたものだ。

彼の代表曲といえば「そして僕は途方に暮れる」だが、僕はといえばもっとロックな曲に惹かれていて、「Real Action」や「Confusion」「ゴーゴーヘブン」なんかが大好きだった。

彼のアルバムを初めて購入したのは、「Collage」という、他のアーティストへ提供した楽曲をセルフカバーしたものだった。このアルバムで僕は、吉川晃司に沢田研二、鈴木雅之や中森明菜といった錚々たる顔ぶれに提供した楽曲を、完全に自分のものとして歌いこなした、大沢誉志幸というアーティストの懐の深さをますます思い知ることとなり、一度でいいから彼の姿を拝んでみたいものだと思っていた。

活動停止、復活を経て、大沢誉志幸から大澤誉志幸に名を変えた彼の姿を初めて観たのは、Epic25のライブだった。鈴木雅之からバトンを渡される形で、二人で「ガラス越しに消えた夏」を唄ったシーンは、その場にいて鳥肌ものだった。

その大澤誉志幸が、ソロ活動を初めて今年25周年を迎えるにあたり、活動が活発化している。かつての「Serious Barbarian」シリーズ以上のリリースラッシュが続くらしい。

続きを読む


5月24日 小泊沖での釣果


画像だけ送信しておりましたが、今季第1号となる真鯛を釣り上げた今回の釣りは、非常に面白い釣りでした。

弘前市内にある某中華料理店のマスターから遊漁船を借りた畏友T先生に誘われ、4名で釣りに出かけました。
T先生お迎えの車で午前4時30分前に家を出発、途中青森市浪岡にてもう一人のT先生を乗せ、津軽半島北西部にある小泊港へ。
途中、延々と続く濃霧と、前を走る船を積んだ車のせいで大幅に時間をロスし(苦笑)、6時頃ようやく到着、ここで青森市からやってきたGさん(畏友T先生以外は初対面)と合流、早速沖へと繰り出しました。
波の予報は1m。当然船酔い対策は万全にしてきたつもりでした。しかし、何せ若干風邪気味ということもあり、不安を抱えながらの出港となりました。
もちろん狙いは「マダイ」だったのですが、既にシーズンから抜けつつあるらしく、結局真鯛を釣り上げたのは僕のみでした(これ、ちょっと自慢)。
ただ、サイズ的には40センチほどということで、今ひとつ物足りなさの残った感はあったものの、それなりに面白味のある楽しい釣りでした。

アタリは非常に多いのですが、なかなか本命のマダイを釣り上げることが出来ず、船上に焦りの色濃くなってきた頃、ようやくマダイが釣れたのは出港から約3時間経った9時頃のこと。あとで聞いたのですがこの日は、マダイの魚影は相当薄かったらしいです。

水深50mのポイントで、何気なく遠くに放った重さ40gの仕掛けを思い切りしゃくった瞬間、竿がギュウッと撓り、糸が海面に吸い込まれていきました。生まれて初めて陸奥湾でマダイを釣った時と、同じようなシチュエーションでした。
それまで、チダイに遊ばれていた船上は安堵と歓喜の声が湧き、僕自身も今季初マダイということで、ずっとニヤケっぱなし。

しかし、程なく北風が入ってきたことで波が大分高くなり(1mどころではなかったはず)、やむなくその場からは撤退することに。
その後、沿岸の水深15?30mのラインを幅広く攻めまくり、とりあえず「何か釣れる」という釣りを楽しんだのでした。

続きを読む