Category Archives: ただの日記

The Street Sliders 40th Anniversary Special GIG 「enjoy the moment」 at 日比谷野外大音楽堂

2024/04/06 14:30
10時前に新青森駅を出発した東北新幹線は、13時過ぎに東京駅到着。その足で皇居へ向かった。ジョギングでもして少し身体をほぐしておこうと思ったが、皇居周辺は春うららかな陽気に誘われて散策する人が多く、とてもジョギングなんて状況ではなかった。そこで急遽コースを変更し、日比谷公園へ。夕方からライブが開催される日比谷野音の場所を確認しようと思ったのだ。会場近くまでやって来ると、既に長蛇の列ができている。先行のグッズ販売に並ぶ人たちだった。しまった!と思ったが後の祭り。着替えを終えて会場に到着すると、ちょうど先行販売が終了したところだった。

日比谷野音は「日比谷野外大音楽堂」が正式名称です。

2024/04/06 17:00
16時30分過ぎに開場。気付くと開演30分前。徐々に観客で席が埋まっていく。僕の席はかなり後方だが、ステージは充分見渡せる。雰囲気を楽しむという点では絶好のポジションかも知れない。黙して語らず、開演をじっと待ち続ける。ステージの背後に立つビルがまた、なんとも言えぬ異空間的な雰囲気を醸し出している。右手には霞が関の省庁が立ち並ぶ。土曜日の夕方にもかかわらずいくつかの部屋に明かりが灯っているのは、どこの行政機関も変わらない光景。日が傾き始めると、ちょっとだけ寒くなってきた。雨が降らなければいいのだが。

申し訳なさそうに置かれた祝花

2023/05/05 17:00
二度と見ることはできないだろうと思っていたThe Street Slidersが、デビュー40周年を迎えてまさかの再結成。あの日、日本武道館に足を運んだ時の何とも言えぬ高揚感と緊張感、そして終演後の何とも言えぬ虚脱感。てっきり一夜限りの特別なライブだと思っていたのに、全国ツアーやるゼ、って…何だよそれ。しかし、これも一期一会なのだと自分に言い聞かせ、40周年ツアーに足を運ぶことは諦めた。

2024/04/06 17:10
ところが、40周年ツアーの一環として特別公演を日比谷野音で行うと聞き、我慢できなくなった。
「enjoy the moment」というタイトルもそそられた。まんまとやられたな、と思いつつもチケットをゲットすることができた。ただし今回は独りで足を運ぶと決めていた。人生初めての野音が、一生に一度でいいから野音で観たいと思っているエレカシではなく、スライダーズというのも何かいいじゃない。 Continue reading

新たな始まりのための幕引き

怒涛の令和5年度が幕を下ろす。いや、ここ数年は毎年が怒涛だったかも知れない。
平穏無事に一年を過ごすことは理想ではあるけれど、無風の一年ほどつまらないこともないだろう。

僕の所属する課は、2つの課が同じ部屋に同居しており、仕切りもない。7年間に渡り、部屋の端から反対側へと向かって3度席替え(異動)してきた。そして令和6年4月からは、違う部屋にある課へ異動することが決まり、これで危機管理局内の執務室は、局次長室を除きすべて「制圧」することとなる(…といっても同じフロアに3つしかないが)。

2年前。災害対策本部、そしてコロナ対策本部を所管するグループのマネージャーから離れるとき、「少しは楽になるかな」と淡い期待を抱いたが、それは脆くも崩れ去った。事務職なのに、とある橋梁架替工事の業務を抱えることとなり、ルートの選定、構造の検討等を行った。1か月が経過した直後、大型連休が明ける頃には県内各地で相次いで林野火災が発生、その結果、防災航空隊との関係が強固となった。夏には大雨災害が発生し、県内消防の応援協定が初めて発動。
8名いたはずの職員が、色々な事情が重なって3名欠けることになり、人繰りに苦慮したことも。マネージャーとは名ばかりで、プレーヤーを兼務すること数知れず。この2年間、前職より楽だと思ったことは一度もなかった。

2022年、8年ぶりに青森県で開催された緊急消防援助隊北海道東北ブロック合同総合訓練に集結した、赤い車。

その一方で、本県での開催が8年ぶりとなるブロック訓練に当たったり、自分自身がコロナに感染したり、こっそり沖縄に行ってきたり、消防大学校で1週間自己研鑽に努めたりと、人生経験を積むきっかけも頂いたし、悪いことばかりではなかった。

役人人生も30年を過ぎれば、色々ある。
将来になって過去を振り返った時に、「いやあ、あの時は大変だったなあ」と笑えればいいけれど、この2年については笑えないことも色々あって、実のところ正直振り返ることができる自信がない(少なくとも今は振り返りたくない、ということだ)。

コロナ本部で対応した職員に配布された感謝状。この約2か月後にコロナ感染。

4月からは、同じ危機管理局内とはいえ、これまでとは全く異なる毛色の業務に従事する。
考えてみると47都道府県すべてで取り組んでいる業務ではなく、県内でもこの業務に従事するのは限られた自治体のみ。裏を返せば、選ばれた人しか従事できない業務だということも言えるわけで。

この年齢になれば、楽な仕事なんて一つもないんだから、置かれた状況を少し楽しむぐらいの気概を持って明日を迎えようと思う。

皆さま、令和6年度もよろしくお願いします。

2024.3.11

2011年4月某日。宮古市新里地区の宿営先で迎えた朝。

東日本大震災から13年。

10年ひと昔とは言うが、実際10年以上経過していく中で、忘れてしまったこと、忘れてはならないこと、色々あるだろう。

特に今年は元旦早々から能登半島地震が発生し、半島そして過疎地で起こる災害対応がいかに困難であるかという現実に直面したことは、大きな衝撃だった。

能登半島地震から3か月。

2024年初日に発生した大災害。連日にわたり被災地の様子が詳細に伝えられたのは約1か月間ぐらいだっただろうか。あとは、節目となる月初めに一気に増える報道と、毎日お昼のニュースで現地から伝えられる状況をちらりと見るぐらい。現地の情報は徐々に減っているような気がする(ただしそれは、いい方向にも捉えられるわけだけれど)。

もちろんそれでも、被災地は毎日、復旧・復興・再生に向けて必死に動き続けているはずだ。被災地に対して、頑張ろうとか頑張れとかいうのは、僕は禁句だと思ってる。所詮「頑張れ」なんて言葉は、他人事。みんなもう充分頑張り過ぎているんだから、もう頑張らなくていいよ、と声を掛けてあげたいけど、頑張らない代わりにお前は何をしてあげられるんだ?と言われると、返す言葉に詰まる。

能登半島地震から3か月。

「想定外だった。」

いつか災害が起こると頭の中ではわかっていても、人々にとっては、突然起こる災害そのものが想定外。「まさか」「うそだろ?」が現実に起こるということ、災害は時間も場所も選ばず発生するということを東日本大震災以降、何度も突き付けられた。誰も自分の身に災いが降りかかるなんて考えたくないですよね。でも、それが起きた時にどうするか。冷静さを保てるかといえば、全く自信がない。

東日本大震災から13年。

3.11に近づくと、防災に関する記事や報道がどんどん増える。「防災モード」「伝承モード」への切り替わり。もちろん伝えることは大切なこと。そして被災地に想いを馳せることも大切なこと。しかし3.12が過ぎると、再び何事もなかったかのように「平常モード」へと切り替わっていく。記録は残っていても、記憶は薄れていく。そうやって風化していくのが怖い。

東日本大震災から13年。

生まれたばかりの子供は、中学校に入学する。小学生だった子供は、社会人になる。あの時陣頭指揮を執っていた人たちは第一線から退き、後進に道を譲る。どこでどんな生活を送ろうとも、流れる時間はみな平等、同じ数だけ歳を重ねるのだ。

東日本大震災から13年。

東日本大震災の後も、各地で大きな地震が発生した。北海道胆振東部の時も、熊本地震の時も、そして能登半島地震でもだが、「東日本大震災の教訓は生かされたか?」という問いかけがなされる。

まるで教科書にでも書かれているような「東日本大震災の教訓」という言い回し。言うのは簡単だが、教訓って一体なんだ。被災していない外の人たちが、易々と口にしてもいいのだろうか。それを知っているのは、やはり東日本大震災の被災者に他ならないのではないか、と。

自然には逆らうな。自分の身は自分で守れ。過信するな。周りを気にせず、まずは逃れろ。

被災者でもない外野の一人として言えるのは、それぐらいしかないが、正しいかどうかはわからない。災害対応に関しては、本当に正解がわからない。

東日本大震災から13年の節目。

あの日のこと、覚えてる?覚えてるよね?忘れられないよね?忘れてないよね?あの時、こうしなければならない、ああしなければならないと、色々考えたよね?

どうですか。その思いに、今も変わりはありませんか。

東日本大震災から13年の節目。

…なんて偉そうなことを言っているけれど、じゃあお前はどうなんだ?と言われると、正直、言葉がない(だからこうやってつらつらと言い訳みたいな言葉を並べているわけで)。

そういえば、青森県庁北棟1階で毎年開催されるパネル展の紹介、そして、東京都汐留ジオサイトで開催されている「東日本大震災風化防止イベント ~復興・その先へ 2024~」を紹介することをすっかり忘れていた。パネル展、風化防止イベントともに本日(3/11)まで。イベントにおける青森DAY(3/9)の紹介を失念したことは痛恨の極みだが、最終日は岩手県DAYを開催しているので、お近くの皆さん、空き時間がありましたら足を運んでみてください。

東日本大震災から13年。そしてこれからも。

ということで、ちょっと辛辣な言葉も並べてしまったかも知れない。ここまで読んで気分を害したなら、それは本当にごめんなさい。

でも、もう一つ言わせて。
みんな平静を装っているけれど、誰にも言えない、言いたくない色んな闇を心の中に抱えながら生きている。

何も我慢する必要はない。

皆さん、時には人知れずそっと、時には人目も憚らず思い切り、涙を流してもいいんじゃないかと思います。

熊本地震で支援に入った益城町の名物「いきなり団子」がたまたま弘前で販売されていました。とても嬉しい。

そうだ、『防災ポーチ』を作ろう。

令和6年1月1日に発生した能登半島地震。
地震の規模もさることながら、被害の規模も甚大で、ほとんど被害のなかった自分の身に置き換えた時に、果たして何ができただろうか、あの難局を乗り切ることができるのか。そう考えると、改めて普段からの「備え」を認識させられることとなった(と思っている)。

万が一の避難先と、その避難先に向かうルートは複数考えておくこと、いざという時に連絡を取れる手段を考えておくこと、家庭内備蓄や非常用持ち出し袋の中身を確認すること、など。
阪神淡路大震災の際は、発生時点で亡くなられた方が約8割だと言われている。
そして、大地震が発生した際にどういった行動を取るか。わずか8秒間の判断でその人の生死が決まる、とも報じられていた。

その一方で、どこで被災するかは誰にもわからない。今回の能登半島地震は、発生が元旦の夕方4時過ぎということで、家の中で被災された方が非常に多かったと思われる。
東日本大震災の発生は金曜日の午後3時前。自宅だけではなく、オフィスや学校で被災した方もたくさんいたことだろう。あるいは出張先、旅行先で被災することだって考えられる。

出張先や旅行先では、宿泊施設の避難口や避難経路は確認しても、その後どこに行けばいいか、ということまで考えが及ぶことは少ないのではないだろうか。もっとも、その施設の方が誘導してくれればそれに越したことはないが、それだってどうなるかわからないのだ。
結局のところ、「自分の身は自分で守る」という最低限の鉄則みたいなものだけが、虚しく叫ばれることになるのかも知れない。

非常用持ち出し袋も、あくまで「非常用」であり、普段から常に持参、つまり「常用」しているわけではない。各自治体でも、非常用持ち出し品の例を示しているが、例えば自分のロッカーに非常用持ち出し品を備えている、ということをしていなければ、いざという時にすぐに持ち出せるかといえば、恐らくよほど用意周到でない限り難しいのではないだろうか。
そう考えると、外出の際に日頃からカバンに忍ばせておけるような、そんな「防災ポーチ」を持っておいた方が、万が一のためになるはずだと、ふと考えるようになった。

Continue reading

支援活動備忘録(令和6年能登半島地震)

(色々書きたいことがあり過ぎて今回も原稿用紙10枚分の長文となります。スイマセン。)

2024年1月1日16時10分。最も起きて欲しくなかったタイミングで発生した能登半島地震。最大震度7を観測したほか、日本全国で揺れを感じ、津波に関する警報、注意報が発表された。大津波警報は、東日本大震災以来の発表だった。程なく全国各地から被災地への支援が始まり、総務省や全国知事会が調整を行う対口(たいこう)支援もスタート。

※対口支援とは:大規模災害で被災した自治体のパートナーとして特定の自治体を割り当て、被災自治体の復旧・復興の支援をするもの。その内容は、被災自治体の運営マネジメント支援、避難所運営、罹災証明書の発行、災害廃棄物の処理など、多岐にわたる。

役所は年末年始で休み、事業所や店舗も休業で、初動対応が遅れたことは否定できない。
一方で、予期せぬ災害はいつどこで起きてもおかしくないという現実を突き付けられた。

青森県は8道県(北海道、東北6県及び新潟県)で応援協定を締結しており、当初、液状化による被害が大きかった新潟市に対する対口支援団体として充てられる予定であったが、その後の調整が二転三転した結果、富山県射水(いみず)市へ支援に入ることが決定した。

さて、これはなんでしょう。

…射水市?

漢字は見たことがあるが、読み方がわからなかった。更に、富山県のどこにあるのかも知らなかった。大阪府和泉(いずみ)市、同じ富山県の氷見(ひみ)市と混同してしまいそうだ。
まあそれはともかく、派遣職員の調整を行った結果、自分も第2班のリーダーとして射水市に行くことが決定した。ある程度予期していたので特に驚きはなく、むしろ被災地に寄り添った支援をする、それが自分に課されたミッションと自負した。

ただ、富山県との相性の悪さを自負する身としては、一抹の不安もあった。

富山市内を走る路面電車。

【因縁の地・富山県】
(1)初めて富山県を訪れたのは一人で出張した25年以上前。河川敷にある空港への着陸にビビった。バスで移動し、富山駅の近くにある宿に向かうと「予約がありません」と言われる。慌てふためきながら聞くと、系列の「別館」に予約を入れたらしい。まだスマホのない時代。距離感がわからず、渡された地図を頼りに、結局そこから荷物を抱えてとんでもない距離(約2km)を歩く羽目に。
(2)数年前、富山市へ上司と2人で一泊二日の弾丸出張。ホテル近くに美味しい店があると知り入店したところ、隣の店に入ったことにすぐ気付くが、店から出るに出られず、会話も食事も全く弾まなかった。ちなみに店から提供された「富山の珍しい山菜」は青森で言うところのミズ、「イカ」はホタルイカではなく、普通の生干しイカだった…。
(3)3度目の正直は立山町。しかも、念願の黒部ダム視察まで組み込まれている。嬉々として出張の準備を終えた出発前日、各地に大きな被害をもたらした東日本台風が上陸。出張当日にテレビから流れて来たのは、北陸新幹線が水没している様子。当然出張は中止になった。

色々ケチが付く富山県への出張。今回の富山県入りは、3度目の正直のやり直しだった。2度あることは3度ある、にならなければいいのだが。

「令和6年能登半島地震」と命名された今回の地震は、実際に能登半島での被害が甚大であったため、報道では石川県内の被害が大きく取り上げられているが、隣接する富山、新潟の各県でも被害が発生している。実のところ、射水市に足を運ぶまでその被害の程度は全くといっていいほどわからなかったのだが、現地に足を運び、被害の状況を目の当たりにして、言葉を失った。

密集した建物が傾いているのがわかる。ちなみに建物の間に隙間はない。

所有者の了解を得て撮影。束石が傾いている。

とにかく道が狭い。軽自動車一台でこの状況。そして建物が軒並み古い。

Continue reading