日別アーカイブ: 2007-02-09

我が人生に「杭」はなし?


今日は話の内容が支離滅裂なのでご勘弁を。


出る杭は打たれる。
しかし、出ていない杭ですらも打たれることがある。
典型的な「津軽の足フパリ」は、例えそれが社会悪でなくとも、目の上のたんこぶのような存在と断定して、社会から疎外しようとする独特の風土病だ。

高校?大学時代はいろんな人から「いい人」と言われ、人生の挫折らしい挫折を味わうことなく、それでも綱渡りのような人生を送ってきた僕にとって、いつも足フパリの憂き目に遭った父の姿は、まさに反面教師だった。
父のようにはなりたくない、出来るだけ周囲に馴染んだ目立たない存在でありたい、いつもそんなことを思っていたが、知らぬ間に父から受け継がれたDNAが、僕の中で勝手に活動を開始していたらしい。

気が付いたら、あれやこれやと手を出し、あれやこれやと仕掛けていたが、いずれ劣らぬどっちつかずな中途半端振りを露呈し、多くの人たちを振り回してしまった。ハッキリ言って迷惑この上ない話である。
今となっては、こんな僕のことを「いい人だ」なんていう人はいないだろうし、大体みんながどう思っているのか知らないけれど、僕は全然「いい人」なんかじゃない。

続きを読む