日別アーカイブ: 2004-06-14

近鉄+オリックス=オリッ鉄?


合併に向けた動きが新聞紙面に出たと思いきや、その後は光並みのスピードで合併合意に達した近鉄とオリックス。これが承認されると、パ・リーグは5球団となるため、試合のできない球団も出てくることから、現在の2リーグ制から1リーグ制に向けた話が一気に加速しそうです(次はダイエーとロッテがくっついてダッテになる?とか囁かれているようですし…)。以前から球団経営を放棄したがっていた近鉄と、常勝球団を目指すオリックスとの思惑が一致した、ということのようですが、当の選手やスタッフには何も知らされていなかったようで、まさに青天の霹靂とはこのことをいうのではないでしょうか。
個人的には、Jリーグ「横浜フリューゲルス」消滅のニュースがオーバーラップしました。
大阪というか、近畿圏の野球ファンにしてみれば、いてもたってもいられないような話題なんでしょうね。思えば、南海がダイエーに売却された時も、大騒ぎでした。もっとも、近鉄ファンが「阪神と組むのだけはイヤだ」というのが笑えましたが。近鉄に関してはもともと、球団命名権売却のニュースから一気に経営難が囁かれていたわけですが、よりによってオリックスとの合併という手段を取るとは、誰が考えていたでしょう。しかし実は、事前に根回しは済んでいたんだとか。もちろん、選手やスタッフ抜きで。
もしこの合併話が進むと、密かに大リーグ移籍を狙っている両球団の選手が、一気に動き出しそうな気がします。近鉄でいえば間違いなく中村、オリックスだと誰だろう…谷とか?あ、あと監督はどうするんだ?スタッフは?…いろんな問題を孕みながら、今年のストーブリーグは何だか賑やかになりそうな気配。
個人的に思うのですが、もともと狭い島国にあって、別に1リーグでもいいんじゃないか、という気もするんです。その方が、いろんなチームとの対戦が見られるし、盛り上がるような気もします。欲を言えば、これで弱小チームの入れ替え戦なんかがあればもっと面白そうですが。
思い切って、台湾や韓国のプロ野球球団と「アジア・リーグ」を作ってみる。ああ、でもこれは移動の経費がかさむから大変かなぁ。そうでなければ、日本の優勝チームと、台湾や韓国の優勝チームが、アジア・ナンバーワン決定戦みたいなのをやれば面白そうな気もするのですが、どうでしょう。
いずれにせよ、今回降って沸いたような合併話によって、野球界全体の構造的な見直しが図られることを期待しています。
あ、そうそう。こういう問題って大概、(野球に関しては特に)運営者側が「勝手に」話を進めるというパターンが多いみたいですが、理事者と現場との意思疎通は、ちゃんと図らないとダメだよ。両チームの奮起を祈ります。