日別アーカイブ: 2012-05-12

TOKYO SKA PARADICE ORCHESTRA 2012 TOUR【Walkin’】弘前公演


念願達成。

一度は観てみたいと思っていた東京スカパラダイスオーケストラの公演。まさか弘前でその公演を観る機会に恵まれるとは思いもしなかった。

東京スカパラダイスオーケストラ、2012年の公演はホールとライブハウスが入り乱れたツアー。ホールとライブハウスは全く内容の異なる構成らしい。
そんな東京スカパラダイスオーケストラのツアー「2012 TOUR【Walkin’】」の弘前公演に足を運んできた。

スカパラのことを知ったのはメジャー・デビューした1990年。黄色いスーツに身を包んだホーンセクションが所狭しとステージ上を走り回る姿をテレビで観て、衝撃を受けた。

その後の活躍は今更僕が説明するまでもないけれど、これまでの歩みは、決して順風満帆というわけではなかった。
メンバーの脱退が相次いだ後、ボーカルを担当していたクリーンヘッド・ギムラ氏が1995年、脳腫瘍のため突然この世を去り(僕がそのことを知ったのは、日本経済新聞のお悔やみ欄で、余りの衝撃に言葉を失ったことを覚えている)、更に1996年にはサックスなどを担当していた冷牟田竜之氏がタイで交通事故に遭い重傷を負うというトラブル、そして1999年にはドラムを担当していた青木達也氏が不慮の事故で急逝と、思わぬ形でメンバーを失うということが続いた。正直、バンドそのものが何かに取り憑かれているんじゃないか、と思ってしまうぐらい。

しかし2001年、彼らの転機とも言えるであろう、外部ボーカルを迎えた「歌モノ3部作」と呼ばれる作品が発表されるようになり、バンドのメンバーもほぼ固定化された。

バンドの講釈はこれぐらいにして、メジャーデビューから22年、初めての弘前公演である。
一体どんなステージになるのか、期待と不安に胸膨らませながら会場の弘前市民会館に向かうと、同じ方向に歩いている人たちに目を奪われた。客層が全くバラバラなのだ。半袖にカンカン帽といういささか季節外れの若者がいるかと思えば、明らかに市役所帰りと思しきスーツにネクタイのお偉方風の方、さらにはお父さんお母さんと手をつなぐ小学生に、白髪の初老と、ホントにバラバラ。
果たして彼らがこのステージに理解を示すことができるのだろう、テレビでしか観たことはないが、あのノリについて行くことができるのだろうかと思っていたが、いざ幕が上がると、そんなことは全くの杞憂であることが明らかに。

会場に入ると、左側にはツアーグッズを販売するブースが、その向かいにはCDを販売するブースが。どちらも、それほど混雑しているというほどではなかったが、僕も一応列に並び、購入しておいた方が良いと事前に情報を入手していた黄色い旗とストラップなどを購入した。

開演の時刻が近づくと、定数1,300人の会場は約9割が埋まっていた。果たしてスカパラをどれぐらいご存じの方がこの会場に集まったのかはわからないけれど、弘前市民会館という家から約10分程度の場所にあるこの会場で、1,000人以上の人たちと一緒にスカパラの登場を待っている自分がいるというのが何だか不思議だった。

↓↓↓↓↓↓↓以下多少ネタバレあり↓↓↓↓↓↓

続きを読む