日別アーカイブ: 2016-08-10

苦手意識


20150830(画像は今回の記事と全く関係ありません。昨年すすきのの打ち上げ会場近くで撮影した1枚、建物に施されたURL、そしてその下の看板に描かれた店の名前と数々のフレーズに衝撃を受け、ただ何となくアップしたかっただけです。)

8月28日の北海道マラソンまで20日を切りました。今季初フルマラソンは、前走のさいたま国際マラソンから10か月近くも間を空けての出走(といっても毎年のことですが)。この間、脚を痛めたり、足を傷めたり…。もはや傷みがすっかり慢性化してしまっている感じもあり、この痛みと上手く付き合いながら走るか、いっそ走ることから一切手を引くぐらいの腹を括ってもいいのかな、ぐらいの消極的な思いに駆られることもあります。

北海道マラソンは今年で3度目のエントリー、そして僕にとって通算10回目のフルマラソン出場となります。まずは今年のフルマラソンの初戦ということで、いきなりタイムを狙う必要はないレースだという認識を持ちつつも、やはり出場する以上はそれ相応の結果を出したいという気持ちが勝ってしまい、一昨年、そして昨年と、見事なまでに同じ場所で撃沈しました。実際過去2度の大会結果をトレースしてみると、本当に笑っちゃうぐらいに同じ地点でペースダウンしているのがわかるんですね。

北海道マラソンを語る時に欠かせないのが、18キロ以降に現れる「新川通」という折り返しを含む片道6.5キロの直線コース。ここを制するものが北海道マラソンを制する、みたいな記事もよく目にしますが、個人的には新川通りに対する苦手意識はそんなにありません。むしろ問題は新川通を過ぎた後、32キロ過ぎからの残り10キロをどう持ち堪えるかで、道マラを制したかどうかという気分になるんじゃないかと思っています。僕にとっては遥か遠くの視界に飛び込んでくる札幌駅のJRタワー、あれが目に入った時に一気にペースが落ちるということを二度繰り返しています。なので、あれが僕にとっての鬼門といっても過言ではありません。
正直言って、あのタワーが目に飛び込んでくるのが、怖い…って、またこんなこと書いちゃうと意識してしまうではないか。あー、バカバカ。

ただ、この辺りまで来ると一緒に走っている周囲の人も苦しいんですね。そりゃそうですよ、ここまで35キロ走ってきているんだから。
37キロまで来ると、いよいよ北大のキャンパスへと歩を進めていきますが、ここからゴールまでの5キロがまた長いんだわ。

…と、ここまでの投稿内容を読み返してみるとやっぱり私、何となく北海道マラソンそのものへの「苦手意識」が払拭されていないような感じですね。
初めて出場した2年前の時は暑くてきつかったし、前回は暑いのに加えて向かい風が強くてきつかったし、起伏がそんなにあるワケじゃないのに、どうも「きつい」「辛い」という印象を拭えないという。2度のレースともに決して喜べるような結果じゃないので、いい印象を抱くことができないというのも正直なところです。
ただ、ゴールした後にボランティアの学生さんからメダルを掛けてもらったあと、何ともいえぬ感情が胸に去来して、涙がホロッと出ちゃうんですよね。ああ、今年もまたフルマラソンを走ったな…ああ、でも何か悔しいな、また来てやる、って。

でも、本当に苦手なのかどうかは実際わからないというか、これも脳が勝手に作り出している「壁、言い訳、自己保身」なんじゃないか、と。というか、本気でイヤだ、苦手だと思うなら、多分最初からエントリーしないような気がするんです。

こうなると「苦手意識」みたいなものがかなり根強く残っているのかなあ、と思いつつ、今年は何とかその苦手意識を払拭しつつ、平常心で臨んでみたいと思っています。そのためには、まず脳をエゾバフンウニのように軟らかくしないと。
だから、今回はあまり過剰に意識することなく、周囲を眺めながらフンフン鼻歌鳴らして走るぐらい余裕を持って臨みたいところ。理想は、さいたま国際マラソンの時のような、心身ともに全くブレのない走りではありますが、さて、どうなるんでしょうね。
いずれにせよ今回は、タイムとかを意識せずに、まずはしっかり走りきる(理想は最後まで歩かず完走する)ことを目標にしたいと思います。(実は北海道は過去2度とも歩きまくっているという…。)

ここまで整理して一つ、作戦は決まりました。今回、敢えて目標タイムは設けないことにします。決めてしまうと、そのことばかりにとらわれてしまって、頭も身体も心もバラバラになってしまうから…。
そして今年は30回の記念大会、メダルのデザインも一新されることですし、最後はジョグペースでもいいから楽しんで走りきりましょうかね!昨年のさいたま国際と、今年4月のイーハトーブ花巻、いいイメージをなるべく思い浮かべながら。

さて、明朝は32キロのLSD、大会2週間前となる14日は毎年恒例となった西目屋村往復42キロ(ジョグ+ペース走)を入れる予定です。そして、もう一つあることを考えているのですが、それは何なのかは、今は秘密にしておきますね。

道マラは 走った後の 打ち上げが 先着狙いの 本番レース