日別アーカイブ: 2006-11-24

農作物の廃棄に思う


こちらではりんごや稲の栽培が、ギャンブルに似ているという。
その理由は、秋の収穫時期の前に一発勝負が待っているからだということを聞いたことがある。りんごも稲も、収穫直前に大きな台風が直撃すれば、それで終わり。
その難関さえクリアすれば、収量もそれなりのものを確保できるし、収益を得ることができる、という。
台風の進路にヤキモキしなければならないその緊張感が、ギャンブルに臨む時の緊張感と似ている、ということだろうか。

そういう意味では今年は、大根や白菜のギャンブルが大ハズレの年となった。
これらの農作物が、全国的な生産過剰による価格低迷に伴い、廃棄しなければならないという事態に陥っているという。

続きを読む