2018沖縄探訪記 【観光編】 ~沖縄で宇宙を探訪する~ #okinawa #jaxa


ちょっと間が空いてしまいましたが、先日の沖縄探訪記、本日は【観光編】と称してあるスポットを紹介します。

沖縄の観光といえば、綺麗な海や首里城をはじめとする世界遺産などたくさんありますが、意外なところに意外な観光スポットが多数点在しています。

今回の旅行で訪問したマニアックなスポットは、こちら。

以前勤務していた出先機関の事務所みたいな建物です。しかも工事中で、観光の色合いまったくなし。
この建物が何かといいますと、はいこれ。

JAXA(宇宙航空研究開発機構)の「沖縄宇宙通信所」です。

この建物で行われているのは「人工衛星の追跡と管制」なのだそうです。打ち上げられた人工衛星からの電波を受信し、人工衛星の位置や姿勢、搭載している電子機器が正しく機能しているかどうかを知り、状況に応じて、人工衛星に対してコマンド(指令)電波を送信するなど、人工衛星を維持管理する役割を果たしています。(JAXAのHPから。)

さて、宇宙マニアでも何でもない僕が、なぜここを訪ねたかというと、「道中に案内看板があったから。」
まさに「たまたま見かけた」スポット、というか以前から案内看板を見るたびにちょっと気にはなっていたのです。それに、JAXAの施設なんてそんなに見る機会がないな、と思ったら、つい足が向いてしまいました。正直、半分ネタ探しみたいなところもあったんですけどね。
…というか皆さん、普通に行ったことあるのか?うちらが今まで行ったことないだけなのか?

国道58号線から交差点を曲がり、看板に導かれるままにレンタカーを走らせていくのですが、ずーっと上り坂が続きます。更に、ホントにこの先に何かがあるのだろうか?というぐらい、どんどん道が狭くなっていきます。(しかも、沖縄宇宙通信所を示す案内看板がある一方で、帰り道は案内がないので、迷う可能性もあり。途中のポイントに設置された看板の位置はチェックした方がいいです。)

やがて視界が開けてきた右手にドーンと現れた、見るからに宇宙チックな構造物。中に立ち入ることは出来ず、フェンスが張り巡らされています。後で知ったのですが、これが宇宙を飛んでいる衛星からの信号をキャッチするアンテナなのだそう。

更に車を進めると現れたのが、先ほどの建物。僕が言うのも変ですが、「いかにも役所」的な建物でした。
恐る恐る中へ入ると、左手に受付簿があり、そこに名前等を記載するよう指示されます。
首からぶら下げる「入場証」のような物を手渡され、スリッパに履き替えて中へ。右手の奥の部屋から、幼稚園児の元気な声が聞こえてきました。

これは、来る場所を誤ったかな…。

反対側の左側にある小部屋、第一展示室だそうですが、そこへ入ると、いきなり目に飛び込んできたのが人工衛星を搭載したロケットの模型。更に、地球の回りをグルグルと回る人工衛星の模型が置かれています。

2台置かれたモニター、一台からは大リーグ中継が、もう一台からは気象衛星ひまわりからの受信映像が流れていました。人工衛星からの信号を受信して流されているリアルタイムのもの。

…で、これで終わり?

と思ったら隣にも部屋が。第二展示室では、6月に地球へ帰還した金井宇宙飛行士の特別展示が行われていました。

さらに園児たちの声が賑やかに響き渡る部屋の向かいには、第三展示室が。

人工衛星の模型などが置かれている他、PCを用いた学習コーナーも。これがまた大人ものめり込むことができそうな結構難しい内容でして、誰もいないのをいいことに、思わず長い時間にわたって独占してしまいました。

いやここ、想像していた以上に面白いぞ。

そして、園児たちの「ありがとうございましたぁ!」という声が建物内に響き渡った直後、静寂が訪れます。
そりゃそうだ、この時点で来場者はうちらしかいないんだから。

園児たちのいなくなった向かいの部屋へ進むと、ビデオルームと体験コーナーがあります。
入り口の横には来場記念の記念撮影ブースがあり、一枚のみですがその場で出力、印刷することができます。

妙な箱が置かれていて、それを覗きながら星形(☆)を描いてみよう、というコーナー。

箱の中を覗くと鏡があり、それを見ながら☆を描く、というものなのですが、自分の思っている方向に鉛筆が進まず、思わず爆笑。久し振りに脳から汗をかきました。

時間の都合でビデオ鑑賞はしませんでしたが、これでビデオも観ていたら、恐らくかなり滞在時間が長くなったのではないかと思います。実際、1時間ほど滞在していましたから。

ちょうど昼前だったこともあってなのか、結局帰るまで誰も来場者はありませんでした。
もう一度呟こう。みんな普通に行ったことあるのか?うちらが今まで行ったことないだけなのか?

外観だけではなく建物の中の造りも役所というか学校というか、そんな感じ。
華やかさもありませんし、かなりマニアックな感じですが、展示物そのものは大人から子供まで楽しめるんじゃないかと思います。

帰る際には、入場証と引き換えに「アンテナカード」を頂きました。

百聞は一見にしかず。
例えば、折角沖縄にやってきたのに悪天候で海に行くこともできないし、美ら海水族館も混んでいるだろうし、さて、どこに行こうかなあ、という時の選択肢の一つとして入れても、問題ないと思います。

小学生の自由研究の題材、夏休みの宿題には持ってこいかも知れませんね。
ちなみに今週末の7月21日と22日は、恩納村主催の「第35回 うんなまつり」に合わせて「宇宙展」が開催されるそうですよ!

JAXA 沖縄宇宙通信所
〒904-0402
沖縄県国頭郡恩納村字安富祖金良原1712
TEL 098-967-8211(代表)
開館時間 10:00~17:00
見学は無料です。


2018沖縄探訪記【宿泊編】「オルッサの宿 マチャン・マチャン」にて #okinawa


毎年恒例となった「沖縄突撃無計画ツアー」では、海に面したオーシャンビューのリゾート系のホテルをチョイスしてしまうことが多いのですが、今回はちょっとだけ趣向を変えてみました。

ということで早めの夏季休暇を取得して沖縄を訪問したのは、7月4日から7日まで3泊4日の行程。台風7号が通過した後も沖縄の天気は落ち着かず、到着初日はいきなりの雨模様となってしまいました。


※ちなみに沖縄から九州へと進んだこの台風7号と梅雨前線の影響で、西日本各地において土砂災害等の大規模な被害が発生してしまいました。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災された皆さまに対して心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早く元の生活を取り戻せるよう、御祈念申し上げます。

前日の最終便で青森から羽田へ向かい、この日は蒲田のホテルに宿泊。
翌朝6時20分に羽田を飛び立ち、9時前に那覇空港に降り立ちました。
到着初日はレンタカーであちこちを巡ったあと、午後から沖縄自動車道を利用して北上を開始。ニンニク臭を車内に充満させたレンタカーで、名護市の北にある今帰仁村を目指しました。(なぜニンニク臭なのかは後ほど。)

今回初訪問となった今帰仁村にある「オルッサの宿 マチャン・マチャン」。
各部屋がコテージタイプになっているこの宿は、県道からちょっと離れた場所にあり、何だか隠れ家のような感じです。以前、このすぐそばを車で走ったことがありましたが、こんなところに宿があるのか!というような場所にありました。

入口のゲート横にあるカフェ棟に行くと、オーナーの江本ご夫妻が我々を出迎えてくれました。その空間自体が何だか居心地が良く、とてもいい雰囲気。ウェルカムデザートのような西瓜のシャーベットを頂きながら受付を済ませ、部屋の鍵を受け取ります。

今回宿泊した棟は、駐車場のすく横にある「【虹ルーム】マチャンのとなり。」。

白い壁に挟まれた玄関が、一層隠れ家っぽさを醸し出しています。

その扉には、綺麗なガラスが埋め込まれています。

玄関の扉を開けて建物の中に入ってみると…。右手一面に拡がるガラス窓越しの景色を見て、思わず息を呑みました。

わずかに差し込んだ太陽の光を吸い込んだ水色の海を挟んだ向こう側には、古宇利島が佇んでいます。

部屋の隅にはセミダブルのベッドが二つ置かれ、手前には琉球畳の敷かれた、まるで居間のようなスペース。思わずごろ寝したくなるような、そんな空間です。

窓を開けると、雨上がりの空を飛び交う鳥の鳴き声が聞こえてきます。
この音を聴いているだけでも、正直、この部屋にはテレビはいらないな、と思いました。(実際のところ部屋にテレビはあるし、観たんだけどね。)

社会の喧騒から離れ、自分の中にある雑念を全て脱ぎ捨てたくなるような、そんな空間。
それぐらいゆったりとした時間が流れているようでした。
建物の外、二階に続く階段を上ってみると、その景色は更に美しいものでした。

沖縄は青森と比べると日の出日の入りの時間が1時間ぐらい遅いんですよね。
眼下にはウッパマビーチが拡がり、右手には、古宇利大橋が見えます。この風景を独り占めできる贅沢といったら…。

さて、再び部屋に戻りお風呂チェック。ここもガラス張りになっていて、外の景色を楽しむことができます。

大丈夫、ブラインドもありますが、覗きにやって来るのは虫か鳥か、せいぜいヤモリぐらいでしょう。(ということで部屋にヤモリが出るらしいのですが、残念ながら今回、その姿を拝むことはできませんでした。会いたかったなあ。)

この日の夕食は、沖縄旅行ですっかり常套手段となった「あちこちで購入した地元食材」。
まずは浦添市の「ブエノチキン」。

ニンニクとハーブの効いたローストチキン(若鶏の丸焼き)1/2サイズ。柔らかくてジューシーで、激ウマ。クリスマスの時にはすぐに売り切れるらしいです。(レンタカーに充満していたのはこれでした。)

お次は沖縄市の「チャーリー多幸寿」。こちらはガイドブックにも必ず掲載される超有名店。


タコスのテイクアウトはお一つからOK。
実は初めて沖縄を訪れた22年前、ここのタコスを購入したにも関わらず、諸般の事情で食べ損ねるという失態を犯した、いわくつきの逸品でしたが、今回ようやくリベンジを果たすことができました。


口に運んでみて、今でも人気を誇っているのに納得。

名護市のイ○ンで購入したジーマーミ豆腐(ジーマミー豆腐だっけ?どっちだ?)、沖縄近海で獲れたマグロの刺身等々を並べ、これにオリオンビールを添えれば、沖縄食材の晩餐が出来上がり。

ゴミをたくさん出してしまうことが心苦しいところではありましたが、オーナーご夫妻に対する申し訳ない気持ちに苛まれながらも食材を貪り、初日の夜は帳を下ろしたのでした。

翌朝、目が覚めるとまたしても雨が降っていました。晴れていれば、古宇利島から昇る太陽を拝むことができたらしいのですが、こればかりは仕方がない。
ホントは古宇利大橋の近くまで車で向かい、古宇利大橋をゆっくりジョギングするというプランも立てていましたが、次回までお預けということに。

そんな雨模様を忘れさせるようなお楽しみの朝食は、カフェ棟にて。
洋食なのか和食なのかは行ってからのお楽しみなのですが、これがまた凄いのです。

この日は和食メニュー。沖縄県産の野菜をふんだんに使った、見た目にも豪華なメニュー。こういう食材を毎日食べることが、健康体への近道なのかも。ちょっと疲弊しかけていた胃袋から腸が、ゆっくりとリセットされていく感じ。それにしてもゆし豆腐の味噌汁、ホント美味しかったわぁ…。

リゾートホテルでアホみたいにビュッフェを食い漁っていた自分が恥ずかしくなります。(といいつつ3日目、4日目の朝は…以下略)

身体に優しい贅沢な朝食を堪能しながら、お隣のご夫婦とオーナーご夫婦との会話に耳を傾けます。
この宿は、リピーターさんが多いんだな、と。そしてそれは、この宿の素晴らしさだけではなく、オーナーご夫婦の人柄に惚れ込んでやって来るからなんだろうな、と確信。
うちらもリピーターを目指したいものだ、なんて思ってしまいました。

部屋に戻り、帰り支度。まだ雨は降り続いていましたが、一日中この部屋でのんびり過ごしてもいいな、と思うぐらい本当に居心地が良かった!

…しかし、人との御縁というのはいつどこに転がっているかわからないものです。
精算の際、江本さんの奥さまが「弘前からいらしたんですね…。弘前の桔梗野って、ご存じですか。」と、唐突に我々に尋ねてきました。何を隠そう私、桔梗野小学校の卒業生。「はい!桔梗野はうちの隣の地区で、歩いてすぐのところにありますよ。どなたかお知り合いでも?」
「ええ…。○○さんって、ご存じですか。」
「!!!○○さん!いやいや、知っているも何も、妹が小さい頃にガールスカウトに所属していて、その時お世話になりましたし、当時は僕もボーイスカウトに入隊していて、○○さんには兄妹でお世話になったんです。で、どうして○○さんをご存じなんですか!?」
…その後、色々お話を伺いました。お話を伺いながら、本当に身震いするぐらい感激してしまいました。奥さんもびっくりされたようです。まさか沖縄で地元・弘前の話に花が咲くとは!何度も言いますが、人の御縁って、どこでどう繋がるのか本当にわかりません。凄い!
あまりにビックリして、何と部屋の鍵を返し忘れて宿を出発するというオチが付きましたけどね。(ご主人から電話をもらい、慌てて引き返して鍵を返却。奥さんから「またお会いできて嬉しいです」と笑われました。)

今までにはなかった旅のスタートは、天気はさておき残り3日間を本当に有意義なものにしてくれました。ちなみにチェックアウトした日のランチは、ご夫婦から紹介していただいたお店へ。
このお話は、また日を改めて。
(多分つづく)


JOY-POPS 35th Anniversary Tour ”Wrecking Ball” @青森QUATER #joypops #thestreetsliders


【注意:ネタばれあります。】

心地よい脱力感。
ライブを観た後に骨を抜かれたような気分になったのは、久し振りだった。

80年代、空前のバンドブームの中でも孤高の存在として異彩を放ち続けたThe Street Sliders(以下「スライダーズ」という)。
2000年の解散以降、4人のメンバーはそれぞれ活動していたが、ボーカルとギターを担当していた村越弘明(ハリー)の公式サイトで発表された内容を見て、自分の目を疑った。
スライダーズのデビュー35周年として、フロントマンだった村越と土屋公平(蘭丸)によるユニットJOY-POPSが全国ツアーを行うというのだ。
しかも、ツアーの最終日が青森公演だった。

スライダーズを観たのは25年以上前に青森市で1度きり。
ハリーを観たのは、Epicソニー25周年の記念ライブで、ギター片手にステージに現れた時のみ。

しかも、スライダーズを観た青森市でのライブは、身体も心もふわふわと浮ついていて、情けない話だけれどハリーがライブの冒頭で「ハロゥ」と叫んだことしか覚えていないのだ。(以前投稿した「JOY-POPSのこと」で、当時のことに少し触れています。)

それはともかく、あの日の苦々しい思い出を自分の中で精算するためにも、このライブだけは何が何でも絶対に行かなければならない。
身震いするような気持ちで、公式サイトからの先行予約に申込んだ。

ちなみに、公式サイトにはツアーの日程とともに次の英文が掲載されていた。

One Night Only GIG!! There is no next time to miss.

二人が揃ってステージに立つのは18年ぶりだそうだ。
ひょっとしたら英文のとおり、彼ら2人がステージに揃うのは最初で最後なのかも知れない。
そんな伝説のライブを目の当たりにできるのだと思ったら、今度は心が震えるような気分になった。

2018年7月8日。
青森駅から会場の青森QUATERまでは徒歩だと10分以上かかる。弘前からの電車が到着したのは16時19分なので、開場の時刻である16時30分に間に合うかどうか、といったところだった。結局、青森駅から猛ダッシュし、開場5分前というギリギリに会場に到着。既に入場を待つたくさんの人が列をなしていた。ざっと客層を見た感じでは、ほぼ自分と同世代の男女が大半を占めている感じだが、その中に混じって若年層の姿も見受けられた。

会場に入り、センターからやや左側に陣取る。前から5~6列目といったところだろうか、ステージの視界は概ね良好だ。
ステージを凝視すると、2本のスタンドマイクとともに、蘭丸の使用するギターが所狭しと並んでいる。
この日の会場は350人の満員で、チケットはソールドアウト。先に入った観客に対してもっと前に詰めて欲しいというアナウンスが2度3度と繰り返される。
17時過ぎ、観客のボルテージも一気に上がったところに、いよいよ両名が登場。黄色い声と野太い声が飛び交う。

ステージ上のハリーは終始穏やかな表情で、時折笑顔すら窺える。薄黒のサングラスをかけた蘭丸は、一見すると無表情だけれど、ハリーに目を配り、時折会場に目を向け、笑みを浮かべる。

そして、二人が繰り広げるステージはまさに阿吽の呼吸。圧巻という言葉がピッタリだった。

新旧織り交ぜた…というよりも、既にスライダーズが解散してから20年近く経っているので、古い曲しかないといえばそれまでだが、デビューから解散までのスライダーズナンバーがてんこ盛り。もちろんJOY-POPSのナンバーも。これでもかと言わんばかりに2本のギターが観客を煽る。

ハイライトは、いきなりやってきた。二人が手にしていたアコースティックギターからそれぞれテレキャスとSGに持ち替えて始まった大音量での「カメレオン」。一気に会場の空気が変わった。

そしてもう一つのハイライトは、それぞれが作ったという新曲「新しい風」(ハリー作)、「デルタのスー」(蘭丸作)。
どっちもめちゃめちゃ格好いいんですけど!!

それにしても不思議だったのは、ベースもドラムも不在の中、2人のギターがリズムやビートを刻みながらしっかりとグルーブ感を生み出し、我々観客を踊り狂わせていることだった。僕は楽器演奏は全くできないけれど、ギターだけでこういう音を出せるのは、2人だからこそ為せる業なんだろうな、と感動した。
昔からの曲、アレンジを変えた曲、未発表の曲、新曲、どれを切り取ってみても「過去のスライダーズ」ではなく、「現在のJOY-POPS」の音だった。

ハリーは年が明けると還暦を迎え、蘭丸ももうすぐ58歳。齢を重ねるとともに人間は丸くなるというけれど、この日のステージ上の二人は、少なくとも僕が知っているスライダーズ時代のイメージからは遠くかけ離れ、いい意味で丸くなっていて、何かを達観したような円熟味を増した穏やかな表情だった。

そのことが、かつて感じた殺伐とした雰囲気を一切取り払い、過去の彼らには似つかわしい言葉ではないのかも知れないけれど、愛に満ちた温かい雰囲気に満ちあふれていた。

個人的には恐らく初めて耳にする彼らのMC。
観客大歓声。
ハリーって、こんなに喋るんだ…。蘭丸って、こんなにお茶目なんだ…。

曲間の観客からの声援に、ちょっとはにかみながら応えるハリーと蘭丸。

ハリーが語る二人の馴れ初め。79年、俺は20歳で公平は19歳。二人でセッションとか曲作りとかしてたんだけど、年を重ねてこんな風になりました。(会場笑いと拍手)
蘭丸が語るツアーの経緯。2~3年前にハリーから蘭丸に電話が来たのがきっかけ。おお、ハリーじゃん。スゲエ。と連絡を取ったのがきっかけで、どんどん話が進んでこのツアーに繋がったんだ。LINEじゃなくて、携帯電話だぜ。格好いいだろう?(確かにクールだと思った。)

ハリー作の新曲の紹介は蘭丸から。ハリーに「新曲作らない?作ってよ。」「…うーん」というやり取りがあった後、しっかりと曲を完成させてきたというエピソード。
続いて蘭丸作の新曲はハリーから。「そんな公平は、俺よりとっくの昔に新曲を作ってきたんだぜ。みんな聴きたいでしょ?」
蘭丸「聴きたいでしょ、って。笑」
ハリー「…聴きたいだろ?」

アンコールのMCでは、蘭丸とハリーがツアーグッズ(Tシャツとマフラー)を紹介するという光景が。
蘭丸「このTシャツ、いいだろう。スタンドマイクに絡む、ハリーとジェームス!…あ、俺か。(会場大笑い)…おっと、ハリー!それは何だい?」
ハリー「マフラータオル、結構いいよ。帰りに一人1本、どう?スカーフだとちょっと暑いけどね。」
…と蘭丸から無茶ぶりをされたハリーが、観客にマフラータオルを紹介。
その直後、蘭丸がハリーに「無茶ぶりしてごめん。」と謝り、会場から更に笑いが起こる。
こういったやり取りだけでも、どれだけ会場がハートフルな雰囲気だったかおわかり頂けるんじゃないかな。

いよいよアンコール最後の演奏も終わり、二人がステージ前に立ち、ともに手を上げた瞬間、涙が溢れてきた。そしてそれは、僕だけじゃなかった。僕の近くにいた男性も女性も、みんな涙を拭いていた。

二人は、そんな観客席をずっと眺めながら笑顔を浮かべていた。

始まりがあれば終わりがあるのは当然のこと。
ライブが終わってしまうのは寂しいけれど、それ以上にただ、感謝しかなかった。
この場に居合わせ、凄いものを目の当たりにしたことへの感謝。

青森に来てくれて、ありがとう。
二人で来てくれて、ありがとう。
伝説のライブを、ありがとう。
最高のライブを、ありがとう。

何度もありがとう、と呟きながら、そっと涙を拭う。
それはまるで、25年以上前のあの日に観たスライダーズのライブで抱えた、居心地の悪さを全て払拭するかのように。

帰りの電車に間に合わないからと会場を後にし、ハリーが勧めていたマフラータオルの購入を諦め、青森駅へと急いだ。
しかし、1,500円のマフラータオルを購入せずに帰路に就いたことを、電車が動き始めてすぐに後悔した。
帰りの電車はその後もまだ何本かあったけれど、二人に会えるのは今回が最後かも知れないのに。

丸一日経ってもなお、とにかく凄いライブだった、圧巻のライブだった、という感想しか出てこない。
正味約2時間、二人が奏でるグルーブに漂いながら、あの空間にいられたことが何だか夢みたいな感じ。
伝説のライブが観られる、と期待して足を運んだが、期待を遙かに上回る内容で、放心状態に近い。
本当に凄いものを観てしまったという、まさに脱力感。

…と同時に、否応なしに幾つかの期待を抱かざるを得なかった。

彼らの歌詞には「道」という言葉がたくさん出てくるし、ライブでもそんな楽曲が数多く披露された。
これまで歩んできた35年の道、一度はバラバラの道を辿りながら、今こうしてまた一つの道を二人で歩いていることが、妙に感慨深かった。
だからこそこの先、4人が再び同じ道を歩むことを勝手に期待したい。それはつまりスライダーズの再結成を意味するのだけれど…。

もう一つは、今回演奏した新曲(と有名な未発表曲)の正式発表(→CD化なり、デジタル音源なり)。
往年のスライダーズファンはもちろん、新しいファン層が食いついてくるんじゃないか、それぐらい素晴らしい楽曲だった。
更にもう一つ、ツアーの模様の作品化。DVDでもライブCDでもいい、足を運べなかったスライダーズファンの人たちにもこのライブを共有して欲しい、素直にそう思った。

これから追加公演、更には夏フェスへの参加が予定されているとのこと。秋のビルボード含め、既にチケットもソールドアウトになっているみたいですが、足を運べる機会があれば、フェスでも何でもいいので是非あの圧巻のステージを体感して欲しいものです。(敬称略)