日別アーカイブ: 2004-04-05

当然の結果


プロ野球セ・リーグが開幕、3連戦が終わりました。3連敗は巨人と広島。広島に関してはまぁ、予想通りの結果という気はしていたのですが、巨人の3連敗は意外だったのでしょうか。ちなみに私、たぶん初めて開幕3連戦をほとんどテレビ観戦することなく過ごしました。
ご存じのとおり、巨人は今年、史上最強と言われるチーム編成ができあがりました。打撃に関しては、ですが。
ところが蓋を開けてみると、ホームランは出るもののいずれもソロあるいは2ランばかり。ハッキリ言って、散発では何の脅威も感じません。確かに個々の打撃能力には長けているけれど、チームとしてみるとこの結果は当然ではないか、という気がします。
投手陣は予想通りオープン戦の結果そのままに投壊状態で、誰が投げても打たれる状態。しかも、相手投手陣が充実しているため、いくら打撃のチームといっても打てなければ意味がないわけです。
チームとしての完成度が高いのは、阪神と中日ではないでしょうか。いずれも新監督の采配にもかかわらず、きちんとした結果を出しています。投打が噛み合うというよりも、チーム間の信頼、選手とスタッフとの信頼関係が築き上げられた結果だと思います。中日はいつか綻びが出てきそうな気もしますが…。
巨人の場合、原監督の解任劇、コーチ陣の総退陣などといったチームのゴタゴタ、さらには入来の移籍騒動が続いた後、金に物言わせるいつもの方法で大型補強を開始。元近鉄のローズを獲得したものの、これでは生え抜きの選手が面白いはずがありません。この段階で、選手とスタッフの信頼関係が崩れ、さらには、投手陣の不甲斐なさばかりが目につくようになり、恐らく投手と野手との信頼関係もボロボロではないかと思います。
松井という大黒柱が抜けた後の穴を埋めるための大型補強がチーム内の不和を生むという悪循環。これでは、野球離れも続くというものです。もっと抜本的な解決策を考えなさい。
プロ野球の風潮として、巨人至上主義が蔓延していたわけですが、ファンの人たちもいい加減嫌気がさしているのではないかと思います。実際私も嫌気がさしています。
日ハムに移籍した新庄が言いました「これからは、パ・リーグです。」
実はこれ、案外先見の明があるのかもしれません。いや、このまま巨人至上主義を貫き通そうとするのであれば、セ・リーグは本当に風前の灯になるような気がしてならないのです。
かつて江川トレード騒動が勃発した際、裏では巨人が新リーグ設立をちらつかせたと言われています。もし今仮に同じようなことが勃発し、巨人が新リーグ設立に動いても、どのチームもついて行こうとは思わないのではないでしょうか。それは、巨人がもやは球界の盟主ではなく、故障者や引退直前の選手ばかりを集めた「介護ホーム」状態になっているからです。いっそのこと、マスターズリーグにでも加盟すればいいのです。
いずれにせよ、この3連戦の結果を見る限り、巨人の優勝は今年もないだろうな、と思ってしまったnonveyでした。