日別アーカイブ: 2013-09-29

久渡寺こどもの森自転車道の状況がかなり酷かった件


先日、台風18号の影響で弘前市を襲った大雨については、報道でも結構取り上げられていたようだが、とりわけ一部の地域における冠水被害が酷く、リンゴ農家が今年の収穫を諦めざるを得ないような惨状が大きく報じられていた。

ラン仲間であるK子さんが、直後に弘前市の土淵川に沿って設けられた久渡寺こどもの森自転車道をランニングしていたところ、一部区間がかなり酷い状況になっている、ということを呟いていた。

久渡寺こどもの森自転車道と言えば、僕のお気に入りのランニングコースの一つ。自宅からだと折り返し地点である久渡寺駐車場までの約10キロ緩く上り(ただし、最後はかなりきつい上りだが)、帰りは緩く下るという往復約20キロのコース。たまに遭遇する蛇さえいなければ、かなり気持ちよく走れるコースだ。

来週の大会前の最後のジョギングを兼ねて、どれぐらいの状況なのかこの目で確かめたい(ついでに言えば、今月の走行距離を少しでも200キロに近づけたい)と思い、往路は県道新寺町久渡寺線をひたすら上り、帰りは自転車道を通って下るコースを走ってみたのだが、その惨状に閉口するしかなかった。
ちなみに今日の走行ルートはこんな感じ。
20130927

自転車道に入ったのが約8キロ地点。そこから約1キロ進んだあたりで、異変があった。

ちなみにこんな感じでバリケードが置かれているんだけど、これだと通っていいのかダメなのか、よくわからない。
久渡寺こどもの森自転車道

すぐに異変。川の横に設置された柵がなくなり、舗装が根こそぎ剥がれている。
久渡寺こどもの森自転車道

リンゴ畑も、護岸からえぐられている。これは酷い…。

久渡寺こどもの森自転車道

リンゴ畑には大量の土砂。

久渡寺こどもの森自転車道

程なく、川の水量が増していることに気付く。よく見ると、土砂が堆積して川の流れが完全に変わっている。

久渡寺こどもの森自転車道

まだ若いリンゴの木が、根こそぎ持って行かれたらしい…。

久渡寺こどもの森自転車道

更に先に進むと、パワーショベルが一台。そしてその先は、何と山が崩れて完全に道が塞がれていた…。

久渡寺こどもの森自転車道

やむなく来た道を折り返し、迂回した、という次第。

気分が萎えたので、その足でりんご公園に向かったが、結局気分はあまり晴れなかった。
まあ、今月の走行距離があとちょっとで200キロに届かなかった、というのも一つの要因かも知れないけど(ウソ)。

実はこんな場所が弘前市内に点在しているらしく、それを考えると、この間の台風18号の被害がいかに甚大だったか…。しかしこれだと、復旧までにはしばらく時間が掛かりそうな気配。年内、雪の降る前の復旧は無理かもな…。