日別アーカイブ: 2008-03-21

ねんきん特別便


よゐこ有野「宙に浮いた5000万件の年金記録」入り
2008/3/19 17:00

「宙に浮いた5000万件の年金記録」にお笑いコンビ・よゐこの有野晋哉(35)も含まれていたことを、自身のブログで報告した。なんと、有野のところに「ねんきん特別便」が来たのだ。封筒には「年金加入記録にもれがある可能性があります。十分お確かめの上、ご回答いただきますよう、お願いいたします」と書かれてあった。

封筒の中には舛添要一厚生労働大臣名義で「このお知らせは、基礎年金番号に結びついていない5000万件の記録の中に、あなたの記録と結びつく可能性のある記録があるため、お送りしています」とある。

有野は「年金はちゃんと払ってた筈やのに何やろ?」と思い、フリーダイヤルに電話をしてみると、1990年に厚生年金を払っていたという記録が出ていたためこの通知が送付されたのだという。有野は確かにその頃働いていたため、厚生年金を払っていたのだ。そして、不明点の確認が取れたため、同封のハガキを返送することを求められたようだ。

他人事だと思ってほくそ笑んでいたら、何と、うちにも同じ封書が届いていました!しかも、宛先は俺だった!!!



平成5年に勤務してから、それ以降の記録は残っているのだけれど、どうやら学生時代の2年間が「宙に浮いている」らしいです。
でも、手許には平成3年4月からの年金手帳が。

何でだろ…。

ふとよく見て気づきました。
この年金手帳、住所に名前、被保険者となった日が全て手書き。国民年金の記号と番号はスタンプ押し。
要するに最初から2年間は、僕のデータは記録として残っていなかったというわけですよ。

ということは…最初に社保庁が発行した年金手帳は、一体何だったワケ!?単なる紙切れだったってこと!?
20歳になった時、「これは義務なんだから」と親に諭され、親に立て替えて払って貰っていたのに…。

こちらに非がないことは明らかであり、考えれば考えるほどムカついてきたよ!!

何やってんだよ社保庁!!

どうやら電話してもなかなか繋がらないらしいね。直接怒鳴り込むか?こりゃ。