日別アーカイブ: 2019-08-08

30kmの壁。人生の壁。


また物事を七面倒くさく考えはじめている。

あれ?前にもこんなことを考えていたな、と思って過去の投稿を検索したら、ちょうど10年前にも同じような自問自答にまつわる投稿をしていた。
10年一昔とはよく言ったもので、あの時とはまた違った視点での自問自答となった。

10年前といえば、まだ独りで走っていた頃だ。

一つだけ今も変わっていないこと、それは僕にとって一人きりで走る時間は、物思いに耽る時間だということだ。

そして、大体こういう自問自答が始まるときは、自分自身に対する不甲斐なさや憤りが渦巻いていたり、壁にぶつかっている時だ。
今まさにそのすべてが当てはまるような状況で、まずは今月末の北海道マラソンにどういった気持ちで臨めばいいのだろう、という迷いで溢れかえっている。

元を辿れば、7月にアキレス腱を痛め、思い通りに走れなくなったことがきっかけだった。さあ、走り込みを始めるぞ!と思った矢先のトラブルだった。結局、7月前半は文字通り棒に振ったが、おかげさまで仕事は順調に推移したように見えた。

走った距離は裏切らないらしいので、7月1か月でわずか80キロちょっとという走行距離が、8月下旬の北海道マラソンに挑む僕にどういった結果をもたらすのかは、もはや火を見るよりも明らかだろう。そんなことよりも、無事に完走できるのだろうか。今は不安でしかない。

この不安を払拭する方法は一つ。当たり前のことだが、走ることへの不安を断ち切ることだった。

そう思って、8月第1週の土日を敢えて「ドカ走り」に充てた。土曜日はブラインドランナーのAさんの伴走に勤しみながら、合計約21km。1キロ当たり8~10分で走っていたので、普段歩くスピードよりも遅いことになる。

翌日は、夏の試走会に参加し、LSDで約32km。恐らく、2日間でこんなにガッツリ走ったのはこれまでで初めてかもしれない。

しかし、不安を解消するはずだったのに、むしろ不安(特に脚に対するそれ)は拭えぬまま月曜日の朝を迎えた。逆に日曜日の朝に、ほとんど疲労感がないまま試走会に臨むことができた方が不思議だったけれど、土曜日の練習の際にAさんからケアのヒントを聞くことができたのが非常に大きかった。こうやって自分が知らない情報を得ることができるのは、ラン仲間と一緒に走ることの醍醐味かもしれない。

続きを読む