月別アーカイブ: 2003年12月

大仕事二つ


今年もあと5日というわけで、年末の大仕事を二つ片づけました。一つは、冷蔵庫掃除。うちには、もったいないお化けが大勢いるため、冷蔵庫の中がすぐ一杯になってしまう。知らず知らずのうちに紛れ込んでいたモノは、既に賞味期限が過ぎていたり…。特に「瓶モノ」に関しては、永久保存が可能と勘違いしているのか、とにかく期限切れの食材が多すぎた(笑)。とはいえまだ8割(途中で力尽きた。)しか終わっていないんですが、明日有馬記念に間に合うよう終わればいいな、ということで。もう一つは、年賀状。今年は、初めて自らイラストも作成してみました。

よーく見たあとに、逆さまにしてみると、あ、これでも使える!みたいな(笑)。ちなみに逆さまにしたこの絵は、母が使うそうです。


今年の邦楽ベストアルバムは…


最近、久し振りに邦楽アルバムを購入しました。タイトルは「Album」。なんともふざけたこのタイトルのアルバムは、ご存知[異色のユニット]「岡村と卓球」による作品。そう、岡村靖幸と石野卓球のコラボレートによって生まれたアルバムです。近日中にMusic Clubにてレビューを掲載するつもりではいますが、うーん…ちょっと「卓球色」が濃すぎるかなぁ、といった印象を受けました。いや、最近までUnderworldやThe Chemical Brothersのベスト盤を頻繁に聴いていたので、そんなに違和感はないのですが、岡村靖幸の毒々しさやエロ加減が薄れたような感じもするし。
そんなわけで、残念ながらちょっと僕の期待度からすると「肩透かし」を喰ったような、そんな印象。
ちなみに今年の邦楽ベストアルバム。ハッキリ言って、今年の邦楽は「不作」でした。80年代ブームだリバイバルだって、企画モノのカバーばっかり。あと、文字通りベスト盤も多かったですね。洋楽も多かったですけど。そんな中、ここしばらくの間ずーっと僕のCDウォークマンでヘヴィプレイを続けるアルバム。
それは、吉川晃司の「Jellyfish & Chips」です。これ、ダントツで今年の邦楽ベストアルバムに決定。あ、これもレビューしなければ…。


メリークリスマスということで


お蔵入りしかけていた秘蔵Flashをどうぞ(笑)。
なんでお蔵入りしかけていたかというと、聴けば何となくわかるかも知れません。音が微妙にズレているんですね。
こちらから。音が出ます。あと、何度もループします。ついでにいえば、かなり重いですのでご容赦を。

続きを読む