月別アーカイブ: 2009年10月

KIRIN 一番搾り とれたてホップ生ビール


ここ数年楽しみにしていたこの季節が遂にやってきた。
KIRIN「一番搾り、とれたてホップ生ビール」の販売が28日から始まったのだ。

キリンビール株式会社(社長 松沢幸一)は、ホップの産地として有名な岩手県遠野市で今年の夏に収穫したばかりのホップを贅沢に使用した「一番搾り とれたてホップ生ビール」を、10月28日から数量限定で全国発売します。今年3月に原材料を「麦※100%」にリニューアルして好評をいただいている一番搾りブランドから発売する、旬のホップにこだわったこの季節だけの特別な一番搾りです。 
品種は、350ml缶と500ml缶、中びん、飲食店向けの樽詰生で展開します。

※麦を原料とした「麦芽」を指しています。

毎年限定醸造されるこのビール。今年は岩手県遠野産のホップと麦芽100%の融合により、優しい喉ごしと深い香りが堪能できる。

KIRIN ラガービールを飲み慣れていると、何となくキリッと感がないというか、喉への引っかかりがないのがちょっと物足りないような気がするのだが、普段ワインを嗜まない僕にとってはボジョレー・ヌーヴォーより楽しみだったわけで、早速帰宅時に近所のスーパーに立ち寄って購入。

…ん?

隣にあるサッポロ黒ラベルが、とれたてホップと似たような缶になってる…。

調べてみると、こういうことだった!

サッポロビール株式会社(本社・東京、社長・福永勝)は、「サッポロ生ビール黒ラベル 東北ホップ100%」を2009年10月28日(水)から東北6県限定で発売します。
「サッポロ生ビール黒ラベル」は”繁盛店の生”として皆様に愛され続ける商品です。使用される麦芽・ホップは100%協働契約栽培。どうしたらおいしくて、安全な大麦とホップを育てられるか、生産者の人たちと一緒に、努力と研究を重ねて収穫された原料を使用しています。
「サッポロ生ビール黒ラベル 東北ホップ100%」は、こだわりのホップの中でも本年収穫されたばかりの東北産協働契約栽培ホップだけを100%使用し、仙台工場で製造する、東北エリアならではの限定商品です。「サッポロ生ビール黒ラベル」のもつ生ビール本来のうまさに加え、東北産ホップの特徴である華やかなホップの香りを引き出しました。
通常黒ラベルのデザインにホップをあしらうことと、ネーミングである「東北ホップ100%」をデザインの中心に記載することで、本商品の特徴である「東北産ホップ100%使用」の東北限定黒ラベルであることを表現しました。 

いやぁ、普段サッポロビールはほとんど飲まないんだが、あまりに似ているので、つい手が伸びてしまった。
で、家に帰って早速飲み比べをしようと二つの缶を並べてみた。

類似品?


どうですか?何か似てませんか?
片や岩手県遠野産のホップ、片や東北産ホップ100%(東北といっても広いんだけどねぇ)。
発売日まで同じ日にぶつけてくるあたり、サッポロもここで仕掛けてきた、ということだろうか。
元々黒ラベルを飲まないので、味の違いはあまりわからない。ただ、サッポロ特有の「甘み」があまりない分、飲みやすいと感じてしまった。
販売エリアが東北限定ということで、まずは様子見といったところだろうか。評判を見て、来年度以降の全国展開も考える、ということか?でも、風味では一番搾りと相容れない感じ(もちろん甘い辛いの好みで分かれるだろうけれど)。
結構いい勝負になるのでは?缶のデザインでクレームがつきそうな気がしなくもないが。

ということで、今日も2本並べて飲み比べてみよう。では…。


小学校の思い出


もう1週間も前のことになるが、小学校1・2年の時に担任だったケイコ先生が亡くなったことを新聞のお悔やみで知った。享年77歳。僕が小学校に入学した頃は、45歳ぐらいだったという計算になる。
しかしこのケイコ先生にはよく怒られた。通信簿にも、「悪いことをする子たちと一緒になって遊んでいる。あなたはそれを注意すべき立場なのですよ。」などと、結構厳しいことを書かれていたことは、今でも「良き思い出」として記憶に残っている。3学年に進級し、友達と廊下を走り回って遊んでいた時に、バッタリ先生と鉢合わせになった時、他の友達は誰も怒られないのに、なぜか僕だけが怒られた、ということがあった。
今思えば、それもケイコ先生からの期待の表れだったのかも知れない、と勝手に自惚れている。

しかし僕にとって、小学校から中学校にかけての思い出というのは、正直言ってあまり良いものではなかった。むしろ今すぐにでも消し去ってしまいたい思い出や記憶の方が多いかも知れない。

特に小学校高学年になるにつれ、中途半端な背伸びを始めた同級生連中は、先生の言うことも聞かずに暴走(迷走)を始めた。陰湿ないじめの横行、言葉の暴力、非行事実。怒られない日は一日もなかったような気がする。やがて怒りは呆れに変わり、最後は完全に匙を投げられたような格好だった。
当時、学級会長だった僕は、どちらかといえばその暴走を止める立場にあったが、とてもではないが僕一人の手に負えるものではなかったし、当時の学校関係者をはじめ、いろんな方々を手こずらせた学年だったことは、否定しようのない事実。大体、学級会長がいじめられっ子だった時点で、そのクラスは終わっちゃってるという話だ(苦笑)。

後で小耳に挟んだ噂ではあったが、その当時担任だった先生にとって僕たちは、「長年の教師生活の中で最も扱いにくかったクラス」だったようで、僕らの卒業以降、低学年の担任を希望したという。
その先生も、僕が大学に在籍していた時に、亡くなった。

つまり、僕の小学校時代を知る先生は、お礼、お詫び、その他諸々を直接伝えることができぬまま、みんな他界してしまった。

今回、残念ながら仕事の都合がつかず、ケイコ先生のお葬式に参列することはできなかった。

そして、訃報に接した数日後。小学校高学年の時の同級生が警察沙汰になったことを新聞記事に見つけた。40歳間近になって、未だに迷走を続けている同級生がいるということに、呆れながらも言葉を失った。

明後日は、いつもの畏友との飲み会がある。ロクでもないヤツが多かった同窓生にあって、彼らとの縁は未だに切れることなく、むしろ強固になっている。今回は、その中の一人、ザワ先生に3人目の男児誕生を祝うに託けた、飲み会だ。今のところ総勢7名。
彼らとの共通点は、「中学校の同期」ということだけで、同じクラスになったことが一度もない輩もいれば、ケイコ先生の担任クラスで同級生だった輩もいる。

いわば僕にとっては気のおけない、大事な大事な仲間たち。数少ない「良き思い出」を共有できる仲間たち。彼らと会う時は、見た目は40歳目前のオヤジでも、気分だけはすっかり中高生の頃に戻っている。小学生ではなく、あくまで中高生の頃に戻るのだ。

しかし、今回の話のネタは当然、逮捕沙汰になった某のことで持ちきりになるのだろうか…。


mixi、Twitter躍進の陰で…


ネット上も栄枯盛衰。mixiをはじめとするSNSが氾濫する中にあって、ひっそりと幕を下ろすサービスもある。
キヌガサが、その一つだ。

サービス終了のお知らせ

平素よりキヌガサをご利用いただき、まことにありがとうございます。

2004年6月より長らくサービスを継続してまいりましたキヌガサですが、この度諸般の事情により、大変残念ではありますが2009年11月13日(金)14:00を持ちましてサービスを終了させていただくことになりました。

ご愛用いただいていたお客様にご迷惑をお掛けしますことを、深くお詫び申し上げます。

また、これまでキヌガサを支えていただいた会員の皆様のご愛顧に心より感謝申し上げます。

ユーザーにしてみれば、複数のSNSを利用してみて最も使い勝手の良いサービスを使う、という建前を持ちながら、参加者の少ないSNSであればあまり参加する意味がない、と感じているのが本音だろう。
実際僕もキヌガサのアカウントを持っていたが、ほとんどログインすることはなかった。例えとしては非常に古いが、いわばmixiがVHSであるならば、キヌガサはベータ、みたいなものだった。

こうやってひっそりと幕を下ろすサービスがあれば、あまりに会員が増えすぎて、収拾がつかなくなった挙げ句、ユーザーの声に耳を傾けなくなってしまうmixiのようなサービスもある(トップページを何の予告もなく勝手に変えるの、やめてくれませんか?)。

そういえばここ最近やたらと新聞やテレビにも取り上げられているTwitterは、一種のブームなのだろうか?Twitterに追随するように、いろんなところが類似のサービスを提供し始めているが、結局二番煎じだ何だと揶揄された挙げ句、こちらも淘汰されていく、というのがオチなのだろうか。それとも…