日別アーカイブ: 2012-09-27

山下達郎 OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~


ここ最近の日本の音楽業界は、娯楽の選択肢が以前とは比較にならないぐらい増えたこと、デジタルミュージックの台頭や韓流アーティストの席巻などにより、どうも萎縮気味のような気がする。

年のせいもあるのだろうけれど、僕は未だに80年代から90年代初頭に活躍したアーティストの音楽を聴くことが多く、正直言って今どんな音楽が売れていて、誰がどんな歌を唄っているのかもわからないぐらいだ。

今から20年以上も前の話。
僕が好きな鈴木雅之の、ソロとして2作目となるアルバム「Radio Days」。このアルバムに楽曲提供をしていたのが他ならぬ山下達郎で、高校2年の時に当時足繁く通っていたレコード屋さんに「よし!鈴木雅之のアルバムを買いに行くぞ!」と向かったはずだったのに、帰り道で手にしていた紫色の袋に入っていたのは、なぜか岡村靖幸の「DATE」だったというオチ。

この鈴木雅之のアルバムに提供されていた3曲(1曲目のイントロダクションを含むと4曲)は、いずれも本当に素晴らしい作品ばかりで、山下達郎のコンサートでセルフカバーされた楽曲を耳にしたときには、感動で震えたことを思い出す。

実のところ彼の音楽を本格的に聴くようになったのは、高校を卒業して、大学生になってから。
当時の彼女と付き合い始めるようになってからだった。

流行り物ばかり追いかけていた僕とは違って、やたらと大人びた音楽を聴く人だなぁ、と思っていたが、その人の影響もあって、山下達郎の良さをどんどん認識するようになっていった。

ここ数作の彼のアルバムは、発表までのインターバルが長いことと、楽曲へのタイアップが多いことで、オリジナル・アルバムでありながらベスト盤のような、そんな様相を呈していた。

そんな中発表された3作目のベスト・アルバム。正直、ライブアルバム「JOY」の続編(2.0)を期待していたこともあって、少々拍子抜けしたが、ずらりと並んだ49曲プラス初回限定盤のボーナストラック6曲、計55曲はもはや圧巻としかいいようがない。

何だかんだ言いながらこのアルバムが発表されることを知ってすぐに予約を入れ、今か今かと発売日を待ち続けていたのも事実。

楽曲をみると、「ベスト盤」というだけあってシングル曲のタイトルが数多く並んでいるが、特筆すべきは、山下達郎本人によって収録曲にリマスターが施されたことと、初回限定盤に収録された4枚目のボーナスディスクだろう。

実のところまだ全曲聴き終えるまで至っていないのだが、僕はまず4枚目のボーナスディスクを聴き、そして1枚目のディスクから順を追って聴いている途中だ。多分僕以外にも、同じ聴き方をしている人は多いのではないか、と思う。

さてそのボーナスディスク、Kinki Kidsに楽曲提供した「硝子の少年」のセルフカバー、前述の鈴木雅之に楽曲提供した「Guilty」のデモ音源をはじめ、未発表曲が6曲収録されている。正直、この一枚を聴けただけでも「ごちそうさま」の気分だ。

更に同梱されたライナーノーツには、本人による楽曲解説。
これはデジタルミュージックでは体現することができないよな、と思いつつ、続きを聴いて行こうと思う。

昨晩届いた宅配便の荷物を見た妻が、「何また買ったの?」と訝しげに聞いてきた。

「山下達郎のCD…。」
「あ、今日発売だったっけ。そっか…。」

ああ、そういえば大人びた音楽を聴いていた当時の彼女って、妻だったんだな(笑)。

ベスト盤にして必聴盤。これは買って損はナシ!ただし、初回限定盤は残り僅かのようです。