日別アーカイブ: 2005-06-18

ジェラシー


既出の話題かも知れませんが、イギリスの雑誌などによると、80年代に最も影響を与えたミュージシャン、白人はDavid Bowie、黒人はPrinceだそうです。「精神病理学的」に言って、Princeという人物は何でも自分でやらないと気が済まない人なんだそうだ(確かにそうだよね)。自分で音楽を作り、演奏し、唄い、映画に主演し、それを監督したミュージシャンは、Prince以外にいない、そして、86年に発表されたKISSがラジオから流れるのを聴いて衝撃を受けたミュージシャンや評論家が多いんだ、ということをベストヒットUSAの小林克也氏が申しておりました。
なぜなら、この曲にはリバーヴエコーが施されていない、つまり生声のまんまで収録されたからだということですが、当時はとても衝撃的だったんでしょうね(ということはあの頃の曲はエコーだらけか?)。思えば、僕がPrinceに目覚めたのもこの曲がきっかけでした。今思えば、「生声の」Princeを聴いて僕も衝撃を受けたんですから、僕の耳もまんざらではないかもな(笑)。

続きを読む