日別アーカイブ: 2005-05-18

『Ebony&Ivory』 / 鈴木雅之


毎日少しずつ書き足していったレビューが、ようやく完成しました(笑)。
今日紹介するアルバムは、シャネルズでデビューしてから25周年を迎えた鈴木雅之の、節目となるアルバムです。
作家陣にはゴスペラーズの面々、同年代の角松敏生、Charといった錚々たる顔ぶれが名を連ね、他にも、かつての彼の作品に関与した多くの作家陣が、再び彼のもとへと集結しています。文字通り、25周年(四半世紀)を凝縮した作品に仕上がっています。

続きを読む