日別アーカイブ: 2022-07-09

【新作聴いてます】『今、何処』 佐野元春&ザ・コヨーテバンド


昨日のこと、元首相が狙撃され、命を落とすという痛ましい事件が発生した。世界情勢は不安定の一途を辿っていると思っていたが、国内においてこうした事件が起こること自体が信じられず、何度も繰り返し見せられているものが、映画ではなく現実なのだと考えただけで身震いがし、思わずテレビのスイッチを切った。

このご時世において、音楽を通じて社会に警鐘を鳴らす国内のミュージシャンは、どれぐらいいるだろう。ラップやヒップホップ系の表現者も結構過激に(しかも、どちらかといえば偏向気味に)社会批判を繰り返しているようにも思えるが、僕が知る限りだと、70年代のフォークソングには音楽を武器にして社会の不条理を訴えていたものが結構あったような気がするし、その潮流は、80年代以降に活躍し、今もなお名を馳せるアーティストたちに脈々と受け継がれているような気がする。佐野元春はもちろん、桑田佳祐、(故)忌野清志郎、山下達郎などは、時として思わずドキッとさせられるような痛烈な社会批判や世相、時事、政治社会への皮肉、鋭い指摘をぶつけることがあると僕は思っている。その一方で、今回のようなおぞましい事態が起きてしまった今こそ、人々の不安を少しでも和らげ、不安定な状況を安定な方向に導く「言葉」、それは音楽であり文芸であり、が、とても重要なんじゃないかとも思っている。時として「言葉」は人を傷つけ、暴力となることもある。一方で、深いやさしさ、慈しみを持つのも言葉だと思う。好き嫌い様々あるのは仕方がないこと。でも力でねじ伏せる、それも銃器を使ってまで言論を封じ込めるということには、憤りしか出てこない。

またしても前置きが長くなった。

佐野元春の歌詞に魅了されてから長い時間が経つが、今回発表された『今、何処(Where Are You Now)』の歌詞も、相当奥深い。歌詞だけではなく、音も。いや、そんな「奥深い」なんていう単純な一言で済まされるものではないぐらい、重厚な内容となっている。

3月に有料生配信された WEB番組「元春TV SHOW」 では、春と夏にアルバムを立て続けに発表すると公表された。僕もその時の番組を観ていたが、春には10曲で構成された配信限定のアルバムを1タイトル、また7月上旬には14曲で構成されたもう1タイトルの新作アルバムを”パッケージと配信”でリリースするとのことだった。

その時は「7月のアルバムは2枚組になる予定とか?」という振りに「いや、そうじゃない。14曲で構成されたアルバムで、2枚組ではない。」ときっぱりと否定した元春。

しかし、蓋を開けてみると、配信限定だった4月のアルバム『ENTERTAINMENT!』はCD化され、今回発表されたもう一枚のアルバム『今、何処(Where Are You Now)』に同梱された「初回限定デラックス盤」として発表された。

続きを読む