日別アーカイブ: 2011-08-29

野田氏、消去法で民主党代表に。


菅直人首相の後継を決める民主党代表選は29日午後、両院議員総会での党所属国会議員による消去法の結果、野田佳彦財務相(54)が代表に選出された。

5候補の乱立という史上稀にみる代表選は、「誰に投票するか決めかねている。」という多くの議員の声を慮り、代表戦では初めて消去法による選出が行われた。第一回目の選出では、下馬評通り海江田万里経済産業相(62)がトップとなったが、過半数の同意を得られず、「ドジョウのように頑張りたい」と草の根運動を広げたナマズ顔の野田氏が、似た顔を持つ議員の同情票を集め、前原誠司前外相(49)氏を消去に追い込み、決選投票に残った。馬と鹿の戦いは避けたいという思惑から、馬淵澄夫前国土交通相(51)と鹿野道彦農相(49)は早々に消去法の憂き目に遭った。

決選投票では、当選した暁に号泣する海江田氏の姿は見たくないという思惑が各議員に渦巻き、海江田氏を消去しようという動きが大きく作用、結果的に野田氏が生き延びた。
野田氏は30日の衆院本会議で第95代、62人目の首相に指名される見込みだが、消去法の動向によっては野党党首にも目があるかも知れないと、水面下での駆け引きがにわかに始まっている。

一方、衆院解散が早々にあるかも知れないという噂が立ちはじめ、一年生議員を中心にエステや美容整形外科に駆け込む議員が続出。

「政策論争なら勝ち目はないが、消去法ならあのイボ顔に勝てるかも知れない。」と色めき立つ一年生議員ではあるが、仮に衆院解散となっても、選挙は消去法ではなく通常通り候補者を選出する方法で行われる。