日別アーカイブ: 2014-09-30

弘前・白神アップルマラソンで「サブ4」を目指すランナーのお手伝いをします。


このブログでも何度かそれらしいことを言い含めていましたが、私、今回の弘前・白神アップルマラソンでは、記録更新を目指しません。


…思えば昨年の今頃は、初めて走るフルマラソンというものが一体自分にどんな影響を与えるのか、戦々恐々と過ごしていました。
弘前公園ランニングクラブの仲間から色んな情報を得たり、市販の書籍を読み耽ったり、とにかく無事に完走できるように、そのことばかり考えていました。
初めてのフルマラソンの結果は、3時間34分50秒で完走。
周囲の人たちからは驚きをもって迎えられ、僕には「マラソンランナー」という一つの肩書きが増えました。
あの時、仲間に支えられて走ることがどんなに素晴らしいことか身をもって体感し、そしてゴール後に流した歓喜の涙には、そのことに対する感動というか感謝の念も込められていました。

…あれから約1年。相変わらず僕は走っています。
今年はゴールデンウィークの頃からペースを上げ、5月には花巻市において、ようやくハーフマラソンの自己ベストを更新。(実はハーフマラソンも、2年前の弘前・白神アップルマラソンで走ったのが初めての挑戦だったんですけどね。)

フルマラソンは、8月31日の北海道マラソン(3時間48分42秒)、そして9月21日の田沢湖マラソンと2度完走。陸連公認コースとして決して楽ではないと言われる田沢湖マラソンで、遂に3時間30分を切るタイム(3時間28分51秒)でゴールを果たし、いわゆる「サブ3.5ランナー」の仲間入りを果たしました。

28日は青森県つがる市のつがる地球村一周マラソン(10キロコース)で、3年ぶりに10キロのタイムも更新。

ハッキリ言って調子が良いです。ですから、迎える10月5日の弘前・白神アップルマラソンは、3時間10分台を狙いたいところもあります。しかしながら、まだ脚の回復具合は完璧でなく、筋肉にも張りが残っています。

ということで、これは田沢湖マラソンを走り終えた時から決めていたことなのですが、今回の弘前・白神アップルマラソンでは、大会非公認ながら「サブ4(4時間以内での完走)」を目指すランナーのお手伝いをさせて頂くべく、大会当日のぺーサーの役を買って出ることにしました。僕なりの感謝といいましょうか、県内外から弘前・白神アップルマラソンのためにやってくるランナーへの、おもてなしといいましょうか。

津軽富士と呼ばれる岩木山を間近に見ながら、たわわに実ったりんご畑の中を駆け抜け、世界自然遺産でもある白神山地の玄関口である西目屋村を折り返す青森県唯一のフルマラソン。

今回、弘前公園ランニングクラブからは、僕も含めた4人のぺーサーが皆さんのお手伝いに回る予定です。それぞれフルマラソンでサブ3.5を達成している人たちや、アイアンマン(スイム4.5km、バイク180km、ラン42.195kmを完遂した人)がその構成メンバーです。

ただ、サブ4と言っても4時間ギリギリで達成するのではなく、余裕を持って達成したいところもありますので、当日の作戦としては前半から飛ばすといった無謀なことはせず、キロ5分20秒前後(3キロ16分程度)のペースをキープして走っていきたいと考えています。(ちなみに先日の田沢湖マラソンの際は、30キロまで大体4分30秒~4分50秒で走っていたので、僕にとって5分20秒が決して無理なペースではないということはおわかり頂けるかと思います。)

ただし、フルマラソンというのは何が起きるか分かりません。
昨年の初マラソンでは、文字通り一度も歩くことなく「完走」しましたが、北海道マラソン、田沢湖マラソンともに35キロ付近で足が止まり、歩いたという苦い経験もあります。
3キロを16分で走り続けると、フルマラソンだと3時間45分前後でゴールできますが、どうしても後半(特に30キロ以降)は疲れが出るため、ペースが落ちても仕方がないと考えて下さい。(もちろんネガティヴスプリットを決めるようなランナーですと、後半のために余力を温存しています。しかし、少なくとも今の僕にはそんな余裕はありません。)
しかも我々もほとんどがぺーサー初体験。ということで、15分の余裕を持って走るのは、最後に力を出し切るための、言わば貯金です。

ですから、30~35キロまでは確実に4時間切りを達成できるペースで走り続けるつもりです。
ホントは30キロの壁も、35キロの壁もないんだから。そんな壁、みんなでぶち壊してしまいましょう!

マラソンは独りで走り続けなければなりませんが、決して孤独ではありません。
我々ぺーサーも、皆さんの目標が達成されるよう後押しさせて頂きますが、最後の最後は、是非お一人お一人の力でその栄光をつかみ取って下さい。

当日は、なるべく目立つところ(例えばキャップなど)に以下のゼッケンを掲示して走る予定です。フルマラソンのスタート時も、このゼッケンを背負った4人が固まって「目標:4時間以内」の辺りにいると思いますので、遠慮なくお声掛け下さい。
なお、ゼッケンには4:00と書かれていますが、キロ4分で走るぺーサーではありませんので、くれぐれもペースを煽ったりすることのないようにお願いします。

津軽の豊かな自然に接しながら自分と向き合う42.195キロのプチ旅行、是非一緒に楽しみながら走りましょう!

sub4